2018年09月23日

金峰山

今年は山モチベーションが下がってしまい、気づいたら秋になってしまった。

ふと思いたち急に山に行きたくなり、関東近郊でそこそこ山岳ムードが楽しめそうな金峰山へ日帰りで出掛けた。

塩山駅からバスと乗合タクシーで標高2360mの日本最高標高の大弛峠までアクセスすれば、ほぼ平行移動で山頂まで行ける。

map.jpg


始発のバスは電車だと間に合わないので8:30発に乗ると大弛峠には10:00に着く。帰りのバスは14:50発と16:00発だが既に16:00発は満席。
獲得標高こそ少ないが9kmほどの行程は、標準コースタイムが登り3時間、下り2時間、なので食事や休憩を考えると時間的には結構タイトになる。

山頂ではゆっくり景色も楽しみたいので、バスを降りたら速攻で支度して登山道は小走り気味に先を急いだ。
あまり景色を楽しんでいる余裕はないが、北八ヶ岳のような苔に囲まれた雰囲気のいい樹林帯を抜けて朝日岳のガレ場から雲海に浮かぶ富士山の絶景。

DSC01971.JPG


ここまでくると山頂の五丈岩が遠くに見える。紅葉もピークではないがなかなか綺麗。

DSC01986.JPG

ここから一度大きく下って登り返すと賽の河原と呼ばれる広い山頂が現れる。
遠くには八ヶ岳や北アルプス、隣の瑞牆山も良く観える。

DSC01995.JPG

DSC02000.JPG


もう少し歩くと五丈岩が現れるが、その岩の大きさに驚かされる。

DSC02002.JPG

DSC02003.JPG


ここでお昼ごはん。景色も堪能。富士山も遠くに見ることができた。

DSC02006.JPG

DSC02004.JPG


帰り道も脇目も振らず小走りペースで大弛峠を目指し、なんとか帰りのバスに乗車することができた。
途中、花かげの湯という日帰り温泉施設に寄ることもできるが、そのまま帰宅することにした。

電車バスの日帰りで2500m級のしっかりした山岳ムードと絶景が楽しめる金峰山は最高に楽しく、冷めていた山モチベーションに火がつきました。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

SUP&Camp@青木湖

昨年に引き続き秋の連休はレイクSUPを楽しみに青木湖でキャンプ

レイクSUPができる場所を探していたら長野県の青木湖がそのメッカであると知る。

DSC01910.JPG


キャンプ場はライジングフィールド白馬というところで、老朽化した昔のスキーリゾートホテルをリニューアルしたものらしい。
施設の裏には1980年代のスキーブームの頃には盛況だったと思われるが、今は閉鎖されたスキー場の跡がある。

キャンプサイトは湖沿いのいい場所は車の乗り入れがNG。かつて駐車場だったと思われる場所がオートキャンプサイトになっている。

IMG_1284.JPG

DSC01942.JPG


レンタルのSUPはPEAKS5のインフレータブルだが充実しており料金も比較的良心的。
3台を終日借りて順番に利用することにした。

風も波も無いので落ちる心配もなく、雄大な景色を楽しみながらレイクSUPを堪能。

DSC01927.JPG

DSC01941.JPG

IMG_1311.JPG

IMG_1308.JPG


個人的には海よりも湖の方が楽しいかも。
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

奄美大島 そのA加計呂麻島と名瀬

三日目の午後はロングドライブで島の最南端にある街「古仁屋」へ向かいます。
途中には有名なマングローブの群生地があったりします。

DSC01861.JPG

道路は立派なトンネルが多数整備されていて車の移動は楽チンでした。

港から海上タクシーで加計呂麻島に上陸。

IMG_1185.JPG

DSC01871.JPG

意外に広い島なのでレンタカーを借りて映画「男はつらいよ」のロケ地巡りをしました。

寅さんの最終作「男はつらいよ紅の花」でリリーさんが住んでいた海沿いの家あった小さな集落。
時間が止まっているかのようなのどかな風景がある「諸鈍」

海沿いに茂る立派なデイゴ並木が印象的です。

DSC01874.JPG

IMG_1252.JPG

DSC01878.JPG

DSC01886.JPG

DSC01884.JPG

IMG_1253.JPG


さらに車で奥に進むと満男が後藤久美子に告白するシーンで利用された「徳浜」へ
付近には何もない超プライベートなビーチです。

DSC01890.JPG

IMG_1256.JPG

IMG_1255.JPG


帰りの海上タクシーの時間があるので、近場のロケ地をいくつか訪問。

DSC01901.JPG

帰りの船は映画でも使用された「でいご丸」に乗ることができました。

IMG_1258.JPG


奄美最後の夜は名瀬の街を楽しみたいので、前の日に見つけたゲストハウス「Golden Mile Hostel」にチェックイン。部屋は狭かったですが立地も良くて我々には十分でした。
IMG_1247.JPG


屋仁川通りの居酒屋で焼酎と島料理をいただきました。
IMG_1187.JPG


四日目の朝はチェックアウト前に名瀬から近い大浜海岸で朝風呂がわりにシュノーケリングを楽しみました。
IMG_1246.JPG


適度に都会もあり
ビーチは人が少なくて海は超きれい
SUPやサーフィンするには最高の環境
LCCで安く行ける

初めて訪れた奄美大島でしたがとても良いところで、この島をもっと知りたくなりました。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

奄美大島 その@マリンスポーツ編

最近はすっかり山に足が向かなくなってしまい、夏はSUPばかりですが、南の島でSUPをしてみたくなり、LCCで安く行けると聞いていた奄美大島へ行ってきました。


初めての成田空港第3ターミナルは噂どおりに遠くて質素でしたがが、フードコートが充実していて時間を潰すには困りませんでした。
それにしても他のターミナルとの差別化はちょっとやり過ぎに感じました。

IMG_1069.JPG

IMG_1072.JPG

IMG_1077.JPG


初めて利用したヴァニラエアでしたが、国際線でもない限り乗ってしまえば大した差があるわけでも無く、あっという間に奄美に到着。
空港でチープな軽自動車のレンタカーを借りて宿に向かいました。

今回利用した「ゲストハウスうふた」は質素ですが小綺麗でセンスもよく、料金も超安く、大正解の宿選びでした。

DSC01853.JPG

DSC01854.JPG

DSC01855.JPG



食事は自炊も可能ですが、面倒なので近くの居酒屋さん「サードプレイス」でとても美味しい料理と島の焼酎をいただきました。
絶品料理の数々

IMG_1179.JPG

IMG_1096.JPG

IMG_1097.JPG

IMG_1098.JPG

IMG_1099.JPG



翌朝は予約していたSUPのショップへ「GAZBO」へ。ボードのレンタルと絶好の場所への送迎をお願いしました。
連れて行ってもらったのは「打田原ビーチ」というとても静かで穴場なビーチ。
ビートはほぼ貸切状態でした。

IMG_1240.JPG

IMG_1115.JPG

IMG_1118.JPG

IMG_1168.JPG

IMG_1243.JPG


若干風とうねりがありましたが、綺麗な海でのSUPを満喫できました。


お昼は鶏飯のお店「ひさ倉」で初めての鶏飯をいただきました。

IMG_1159.JPG

IMG_1160.JPG


島で一番大きな街である名瀬をウロウロしてから帰りに「倉崎ビーチ」でシュノーケリング。海流が悪かったのか海はあんまり綺麗ではありませんでした。

夕食は再びサードプレイスで。


三日目は人生初のサーフィン。さすがに初めてなので前の日に利用したサーフショップで体験レッスンをお願いしました。

良い波を探して島の北半分をあちこちウロウロしましたが、島の北東にある静かなビーチでレッスンを受けました。

IMG_1182.JPG

IMG_1183.JPG

なかなか思うように波に乗れず、パドリングで腕は疲れ、思ったよりもハードでした。

奄美大島は良い波が立つリーフのポイントやビーチが沢山あるそうで、サーフィンを覚えるには良い環境なんだそうです。

でも自分はサーフィンよりもSUPの方が合っているように思いました。

二日目の午後からは島の南側に移動です。



posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

フォレストパーク安達太良

立派な温泉付きの高規格キャンプ場だけどペットが禁止で今までこれなかったこのキャンプ場。
夏休みに家族の予定がタイミングよく合ったので、どこに行こうかと探していたら台風の影響で東北しか選択肢が無く、本州が4月に犬を亡くして未だ喪が明けていませんが、行ってみることにしました。

東北道の本宮ICを降りて安達太良山方面に向かうと深い森の中にキャンプ場があります。

サイトは贅沢にというか牽引車の場合は強制的にトレーラーサイトに誘導されます。
3人ではもったいないほど広くて電気水道完備です。
IMG_1051.JPG

IMG_1053.JPG


IMG_1060.JPG


IMG_1057.JPG


IMG_1055.JPG


涼しくて快適なキャンプを楽しむことができました。

翌日は台風の影響で風が強めでしたが、二本松市街にあった公共のテニスコートを借りて息子とガチで勝負しました。
IMG_1267.JPG



二本松はラーメン屋さん多い印象でしたが、昼飯には「支那そば やまき」でシンプルな醤油ラーメンをいただきました。とても丁寧に作っていて繊細な味がいたしました。
IMG_1059.JPG



写真はないですがキャンプ場の温泉はとてもよくて、敷地内に風呂があって一日に何度でも入れるというのは実にいいなと思いました。

ちょっと首都圏から遠いけどとても良いキャンプ場です。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

いろは坂ヒルクライム

5△歳の誕生日、最近よくあるが朝3時半に目が覚めてしまう。2度寝もできず天気も良さそうなのでチャリで何処かへ走りに行こうかと思案。
色々考えた末、前日に義母から聞いた土産話が頭に残っていたこともあり日光に行ってみようと考える。

坂道は大の苦手なので日光と言えばいろは坂が問題となる。でもいろは坂は意外と初心者向きと聞いたこともあるし、記念日のイベントとしては悪くないなと無謀にもチャレンジしてみようかと決断。

速攻で支度して、電車の経路を調べると宇都宮線の快速と東武日光線の無料で乗れる特急を使えば東武日光駅まで低料金でアクセス可能と判り、6時前に家を出て8:30に到着。

IMG_0992.JPG


自転車を組み上げて早駅を出ると東照宮まで真っ直ぐと続く一本調子の坂が待ち受けます。いつも出だしは気が張っているので難なく走行。東照宮まではあっという間です。

IMG_0993.JPG


東照宮を過ぎても緩めの長い坂が延々と続き、流石に脚が悲鳴をあげ始めたころにいろは坂の入り口に到着。
ここからは一方通行なのでもう後戻りできないと覚悟を決めます。

IMG_1017.JPG


この日は結構な日差しでしたが、いろは坂に入ると木々に覆われており、夏でも涼しい日陰を走行できます。
この時点で9時半くらいでしたが、まだ自動車の走行は少なめで、しかも一方通行なので走りやすい道です。

カーブには「い」「ろ」「は」「に」「ほ」「へ」「と」と名前がついており、到達度合いが判るので励みになります。

IMG_0997.JPG


最初のうちは坂の斜度がそんなにきつくないので余裕がありましたが、
段々と本格的なつづら折りになってきて、斜度も心なしか上がってきて、特に左カーブは斜度がキツくなります。もうギヤはインナーローに張り付いたままでした。

IMG_1002.JPG

徐々に脚が悲鳴を上げ始め、小休止しながら何とか漕ぎ続けます。

IMG_1001.JPG


以前に碓氷峠を登った時にも感じましたが、貧脚の自分は32Tとかのでかいスプロケットを装着しないともう無理だなと痛感。

IMG_1010.JPG


10時過ぎに何とか黒髪平という休憩ポイントにたどり着きました。標高1173mなので500m以上登ってきたことになります。

IMG_1009.JPG


ここからいろは坂の登りの終点となる明智平までは直ぐ近くでした。

IMG_1014.JPG


ちょっと休んでからトンネルを過ぎると中禅寺湖までは気持ちよい下り坂。あっという間に中禅寺湖に到着。

IMG_1019.JPG


最近JR東日本のCMで話題になっている旧英国大使館別荘を見学。

IMG_1025.JPG


中禅寺湖の水は本当に綺麗でした。

IMG_1029.JPG


ちょっと欠けてますが、ここから見える男体山は格別です。

IMG_1026.JPG


お昼を過ぎてお腹が空きましたが、一気にいろは坂を降りてお昼ご飯は駅近でラーメンと餃子いただきました。

IMG_1039.JPG

IMG_1040.JPG


地元の人向けの地味な温泉を見つけたので、立ち寄りしてパンパンになった脚をほぐしました。

IMG_1044.JPG


帰りはちょっと贅沢して東武スペーシアを利用。
全席指定で新幹線のグリーン車のようなゆったり座席でお疲れさまビールをいただきました。

IMG_1045.JPG


ReLive動画へ
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

土浦から銚子へ(未達成)

最近バイクを新調した会社の友人達と何処かへ走りに行こうかということになり、前から気になっていた霞ヶ浦のサイクリングロードへ出掛けた。
土浦駅まで輪行して霞ヶ浦から利根川沿いに銚子まで向かう計画。

土浦駅に到着。最近この駅は自転車乗りをサポートする施設を作るなど、チャリダー歓迎の機運が高まっている。
https://www.perch-tsuchiura.com/playatre/

こんな立派な施設は利用しないが、駅構内にチャリを組み立てるスペースがあり、空気入れも常備されているので、そこを利用させていただいた。もちろん料金は不要。

駅前のからちょっと走ると霞ヶ浦サイクリングロードの東端があり、湖沿いの快適な走行が手軽に楽しめる。

IMG_0837.JPG


ここから銚子までは100kmも無いので通常ならば行ける気がするが、この日は南風が強く、横風だから何とかなると思って走れ始めたら結構厳しいコンディション。さらに6月にしては気温もかなり高め。行けることまで行って、途中で断念しても後半はほぼ並行して電車(成田線)が走っているので、気軽にリタイアできる。

初めての霞ヶ浦サイクリングロードは路面も新しく、かなりの割合で湖沿いを走れるのでとても気持ちがいい。

IMG_0836.JPG


風と暑さに体力を奪われて休憩したいのに、コース沿いに日陰で休めるような場所があまりなく、通り沿いのコンビニで休んだりしながら何とか霞ヶ浦の西端の香取市に到着。ここまで約50km。ここから利根川サイクリングロードに乗り換えて更に西へ向かう。

ところがここにきて風向きが南風から西風に変わってきてしまい、風速も5m以上はありそう。
漕いでも漕いでも前に進まない。

ついに体力的に限界を感じ、70km走行したあたりでリタイアを決断。
銚子で美味しい魚を食えないのは残念だけど、成田線の小見川駅へ向かい駅前で見つけた海鮮料理屋で昼飯をいただいた。
ここは海沿いではないけど、魚屋さんがやっている料理屋はとてもクオリティが高く、良い意味で裏切られました。

IMG_0832.JPG

IMG_0831.JPG


コンディションの良い日にいつかリベンジしようかと思います。




posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

2018GWキャンプ@奥久慈

今年も(3年連続)GWキャンプは奥久慈の「上小川やなせキャンプ場」にお世話になりました。

例年以上に子供達(既に大人ですが。。。)がたくさん参加してくれたので人数は20人を超えて盛況です。

そして例年通りに料理もお酒もゴージャス。

やはりキャンプは大人数が楽しいです。

DSC01729.JPG

DSC01725.JPG

DSC01739.JPG

DSC01757.JPG

DSC01758.JPG

DSC01760.JPG

DSC01738.JPG

DSC01744.JPG

DSC01749.JPG

DSC01772.JPG

DSC01774.JPG



IMG_0540.JPG

DSC01740.JPG

IMG_0585.JPG


例年の反省から、今年は少し歩いてカロリー消費しようということで、近所の里山とか農村を歩いてみました。

IMG_0614.JPG

IMG_0615.JPG


あまりパッとしない感じでしたが5kmくらいは歩きました。
次回からはもう少しちゃんとしたトレッキングとかを計画してみようかと思います。


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

棒ノ折山ハイキング

昨年秋に行った南アルプス鳳凰三山日帰りが体力的にとても辛かったこともあり、その後自然と登山から足が遠のいてしまいました。
冬に仕事で大きなトラブルがあり気持ち的にも盛り上がらなかったのも事実です。

そんな中で、会社の山仲間から日帰りゆる山ハイキングのお誘いがあり、地元埼玉県の飯能にある棒ノ折山へ行ってきました。

始発電車に乗って武蔵野線の新座駅で車にピックアップしていただき、登山口まであっという間です。標高差700m、上り2時間弱、下り1時間半くらいのゆるいコースで、しかも登山口が日帰り温泉という好立地。

さわらびの湯を出ると直ぐに名栗湖があり、反対側に渡って山に入って行きます。
DSC01655.JPG


最初は樹林帯ですが、しばらくすると沢沿いのコースになります。
DSC01662.JPG

DSC01677.JPG


沢沿いに奥に進んでいくと急な岩場もありました。
IMG_0531.JPG


急な階段を上ると最後の尾根に出て、あ、もう山頂?という感じでした。
山頂は開けていて眺望もあり、広いので今回14人と大所帯でしたが場所に困ることはありませんでした。
DSC01701.JPG

DSC01711.JPG

ハイキングなので保冷バッグにはもちろんビール。
DSC01703.JPG


単調になりがちな低山ですが、ここは沢歩きや岩場などが適度にあり、変化があるので飽きさせないコースでした。
帰りは上りの道より西側にある尾根道から下山しましたが、こちらは単調なコースでした。

下山して直ぐに温泉へ。
登山口が温泉というのはとても楽でいいですが、最後に急坂が待っていました。
IMG_0532.JPG


これからの時期は低山ハイキングは暑くて大変ですが、ここは沢沿いなのでそこそこ夏でもいけるんじゃないかと思います。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

桜堤公園

荒川サイクリングロードの上流にある桜堤公園はチャリダーの間では有名な花見スポット。
一度行きたいと思っていました。
この週末、少し足を伸ばして東松山まで行けば有名なCOEDOビールの工場でお花見イベントをやっていることを知り、友人を誘って出掛けてきました。

あまり風もなく順調に走行。ここまで来ればもうすぐ桜堤公園です。
IMG_0376.JPG


桜堤公園まではあっという間でした。
見事に桜のトンネルが出来ていて、花を楽しみながら走ることができます。
IMG_0390.JPG


菜の花も咲いているところがあり、黄色と桜色のコントラストも見事でした。
IMG_0393.JPG


荒サイをもう少し北上してから西に向かってCOEDOビールの工場を目指します。
かなり解りにくい場所でしたがなんとか到着。でもイベントはお昼からで未だ始まっていませんでした。
IMG_0399.JPG


この工場、元々は企業の研修所だったそうで、広大なグラウンドがあり、桜が咲いている場所にイベント会場が設営されていました。コンビニで買ったお昼ご飯を桜を眺めながらいただきました。
IMG_0401.JPG

IMG_0405.JPG


帰りは国道407号から一般道で桜堤公園まで戻り、そこから荒サイをひたすら南下です。
少し向かい風気味でかなりバテました。
走行距離は88kmでした。



posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする