2017年10月07日

鳳凰三山

2017年10月7日(土)
考えてみたら今年は夏山に一度も行っていない。
せっかく行くなら綺麗な山の紅葉を楽しみたいと思い、涸沢も検討したけど混雑凄いので、前泊日帰りで鳳凰三山を登ってきました。

新宿から特急あずさで韮崎まで向かい、バスで青木鉱泉へという計画でしたが、予想以上に電車が混んでいて席が確保できず、バスの時間には間に合わないことが確定。計画を変更して電車の時間をずらして韮崎でレンタカーを借りることにしました。

時間が余ったので新南口にあったオイスターバーで一杯いただきました。
IMG_9492.JPG

IMG_9493.JPG


無事に電車に乗れて、お昼ご飯は自作の弁当をいただきました。
IMG_9495.JPG


駅で買い物をしてからレンタカーで青木鉱泉へ向かいました。
青木鉱泉はかなりの山奥ですが、古くて立派な宿と想像以上に立派なキャンプ場がありました。
IMG_9501.JPG

IMG_9502.JPG

IMG_9503.JPG

IMG_9500.JPG


テントを設営してお風呂をいただいてもまだ明るいので、のんびりと宴会を楽しみました。
IMG_9575.JPG

夕食のメインはキムチ鍋。
IMG_9507.JPG


2017年10月8日(日)
長い日帰りコースなのでヘッデンを点けて早朝5時過ぎに出発。ドンドコ沢沿いのコースを登り始めます。

噂には聞いていましたがかなりの標高差1500m程の長い急登が続きます。
IMG_9510.JPG

眺望を楽しめるコースではありませんが、途中でたまに滝が見れるので少しだけ気が晴れます。
IMG_9572.JPG

山頂に近づくにつれて色付く紅葉が見えるようになってきました。
IMG_9524.JPG

少し視界が開けてきて、地蔵岳頂上にあるオベリスクが見えました。
IMG_9529.JPG

鳳凰小屋ついて一息ついてから頂上を目指します。まだここから1時間かかります。
途中から有名な砂地獄。滑って登りにくく体力を奪われます。
IMG_9536.JPG

IMG_9570.JPG

最後の力を振り絞って地蔵岳頂上に到着。
頂上付近の紅葉な絶好調で、間近で見るオベリスクの巨岩にも圧倒されました。
IMG_9539.JPG

IMG_9537.JPG

IMG_9547.JPG

IMG_9549.JPG


ここまでで力を使い果たしてしまった感があり、このあと観音岳、薬師岳と絶景の稜線歩きが楽しめるところですが、景色を楽しむ余裕がなくなっていましたが、このあたりの紅葉は素晴らしかったです。
IMG_9556.JPG

IMG_9558.JPG

IMG_9562.JPG

IMG_9563.JPG


観音岳に着いた頃には雲が上がってきてしまい眺望もほぼゼロ。

ペースも落ちてきて帰りの時間も気になってきたので薬師岳はスルーして、中道コースで青木鉱泉に戻ります。

これも噂通りで急で単調な下りが延々と3時間以上続きます。
下りはクタクタで景色もないので写真も一枚もありませんが、かなりうんざりしました。

終わってみれば歩行距離17km、獲得標高1987mと過去に経験のない実績。
日帰りで行くのは余程体力と気力がない限りお勧めできませんね。
景色は最高ですが、登りも下りも面白くないので我慢が必要なコースです。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする