2004年05月16日

2004年5月16日 Small Eggとの出会い

2004年のGWのキャンプはかなりの大雨に見舞われ、夜中にテントが浸水する事態となった。
キャンプに行くようになってから15年程、それまでも数々の雨による被害を経験してきたが、ここまで辛いことは無かったと思う。

次の朝、当然被害が無かったVWのウィネベーゴキャンパーに乗る友人から小型トラベルトレーラー「Small Egg」の存在を聞いた。これが運命の出会いというか、人生の岐路だった。。。
キャンプから帰り、ネットで調べると少ないながらも「Small Egg」の情報はあった。
ドイツのTabbert社というキャンピングカーのメーカーが最近発売した斬新なデザインのトラベルトレーラーで、車重が500KG未満と軽いのでVWビートルや国産のリッターカーでも牽引ができるというもの。

写真を見て一発で惚れた。現物が見たくてたまらなくなった。

日本では愛知県の岡崎市に輸入代理店がある。代理店HP
電話をしてみたところ、横浜と佐野のキャンピングカーディーラーに展示車両があるとのこと。さっそく横浜のロッキーというディーラーへ行って見てみることにした。

なんといっても、アルミヘアラインのボディが格好いいし、デザインがとても可愛い。
写真で見るよりも中が広く、内装がとてもおしゃれ。
普通のトラベルトレーラーにはあるトイレとシャワーが無いが、冷蔵庫、キッチン、クローゼットを装備
イスとテーブルをたたむとベッドになる構造で、ベットのサイズはキングサイズのベットとほぼ同じ。
我が家のような3人家族にはちょうどいい。

外観のデザインがなんとも斬新過ぎて、ちょと恥ずかしいかも(特に展示車は黄色だった)。
でも、これがあれば風雨でも快適なキャンプができる。
出掛ける時の道具の積み込みや設営・撤収、帰ってきてからの片付けが随分楽になるのも大きな魅力だ。
前の年から買い始めた犬を連れて出掛けるのにも都合がよろしいこと間違いなし。

息子(洋介)が俺以上に気に入ってしまったようで、展示車両からなかなか離れない。
「今日買ってくれ」と泣き出す始末。
とりあえず見積もりだけしてもらって、在庫の取り置きをお願いして本日は退散することにした。

・引っ張るほうの車両(HONDAオデッセイ)へのヒッチメンバーの取付け
・駐車場の確保
・なによりも資金確保
・そもそも本当にこんなの引っ張って運転できるのか?(俺はともかく嫁が)
と課題は山積するものの、この時点で家族全員「買うしかないな」と確信していたと思う。

帰りはせっかく横浜まで来たので、新横浜の「ラー博」によって、旭川ラーメン「蜂屋」でこってりラーメンを堪能。
2004_0516_135112AA.JPG 2004_0516_135202AA.JPG 2004_0516_135226AA.JPG 2004_0516_135257AA.JPG 2004_0516_135334AA.JPG 2004_0516_135423AA.JPG 2004_0516_135442AA.JPG 2004_0516_164105AA.JPG
タグ:smallegg
posted by hiro_yaji at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Smallegg | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック