2012年10月20日

尾瀬ヶ原 草紅葉

高校1年の遠足以来30年ぶりに
平日休みを利用して尾瀬ヶ原の草紅葉を見に行きました。

IMG_1940.JPG



平日なので関越の渋滞は皆無(^^)
既にマイカー規制が解除されるていてバスを使わず一気に鳩待峠へアクセスできました。


午前9時ごろ、鳩待峠からまずは樹林帯の暗い下り道。
IMG_1846.JPG

下りから始まる山歩きというのが不思議な感じだが、整備が行き届いた木道を小一時間歩くとあっという間に尾瀬ヶ原の南端にあたる「山ノ鼻」に到着。小屋の近くにはテント場も。
IMG_1851.JPG


さっそく尾瀬ヶ原へ突入する。
今回は山ノ鼻〜牛首〜竜宮〜ヨッピ吊橋〜牛首〜山ノ鼻と尾瀬ヶ原の南側半分をぐるりと廻るコースを計画。
天気予報は外れてくれて、日向はポカポカ暖かく、時折通る風は冷たいという歩くには丁度いい気候。
oze.jpg


湿原は黄金色に輝く草紅葉、取り囲む山々は赤や黄色の紅葉。
なんとも美しい光景につい見入ってしまい繋ぎ目でつまづくこと多数。
しかし尾瀬ヶ原の奥に向かって歩く足取りは軽い。

後ろを振り返ると紅葉の至仏山。
IMG_1868.JPG

IMG_1864.JPG


奥には少し雲がかかった燧ヶ岳。
2年前に登った時に山頂から観た尾瀬ヶ原は絶景だったことを思い出す。
IMG_1873.JPG

IMG_1882.JPG


奥に進むにつれて池塘がところどころに現れはじめ、いかにも尾瀬っていう感じの景色に。
IMG_1888.JPG

IMG_1892.JPG


牛首を通過してしばらく歩くと竜宮小屋に到着。ここで11時半くらい。
IMG_1907.JPG

IMG_1338.JPG


尾瀬ヶ原のど真ん中。ここに止まって早朝の尾瀬ヶ原を散歩したり写真とったりしたらどれだけいいだろう、という絶好のロケーションに小屋は建っている。いつか泊まってみたい小屋のひとつだ。

ここでヨッピ吊橋を目指して方向を変える。
右手にだいぶ近くなった燧ヶ岳を望みながら、さらに人が少なくなった木道を歩く。

吊り橋は工事中で通れなかったが、この橋を渡って直ぐに東電小屋があるらしい。
東電。。。尾瀬ヶ原は民間企業である東京電力が所有しているってスゲーなと改めて驚く。

橋のところで帰りの方向に左折してしばらくの休憩所にて、火気の使用がいいのか判らなかったが昼ごはんはラーメンでアルファ米で身体を暖めた。
IMG_1919.JPG


ここから山ノ鼻まで正面に至仏山を観ながら帰り道。
日が少し傾くと草紅葉の色が濃くなってきて更に綺麗。
IMG_1940.JPG

IMG_1939.JPG

IMG_1949.JPG

IMG_1953.JPG

IMG_1963.JPG


あっという間に山ノ鼻について、車内でジャスミンが待つ鳩待峠へ唯一の登り道を一気に上る。
2時半に鳩待峠に到着。
さすがに全部が木道、17km、5時間半歩いた割には足腰への負担は少ない。

帰りは街道沿いには沢山ある温泉のなかから源泉かけ流しにこだわって、南郷温泉しゃくなげの湯へ。
油量豊富でさらさら、微かに硫黄の香りのいいお湯でした。
IMG_1339.JPG


急遽思い立って出かけた晩秋の尾瀬ヶ原は予想よりかなり良かった。
夏の尾瀬ヶ原にも行ってみたい。そのときは竜宮小屋泊りで縦断かな。


20121018尾瀬ヶ原 at EveryTrail
EveryTrail - Find the best hikes in California and beyond
posted by hiro_yaji at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね〜写真で癒されました(^^)
Posted by ama at 2012年10月20日 22:30
いい感じですね!
いつか連れて行ってください!
Posted by M田 at 2012年10月27日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック