2017年05月21日

アルプス安曇野センチュリーライド 2017 その2

木崎湖エイドで120kmコースと160kmコースは分岐
160kmの人たちは白馬方面へ向かい、木崎湖まで戻ってきてから美麻エイド方面へ向かうことになるのですが、ここから美麻エイドまではコース最長の登りが待ち受けます。
120kmにしておいて良かったと胸をなでおろしながら少し走ると木崎湖がありました。
IMG_8543.JPG


湖の周りは木に覆われて涼しく高原のような雰囲気です。
しかしその先はきつい登りが5kmほど続きます。
斜度は強烈ではありませんが細い山道で、日差しも強くてあっという間に体力を奪われました。
バテバテでエイドに到着
冷たい漬物ととても美味しい冷奴がふるまわれました。
IMG_8545.JPG


かなりバテましたが、ここから先は基本的に下り基調の道が続くはずなのでホッとしながら次に向かいます。
しかし最後の安曇野エイドまでは最も長い区間で30kmほどあり、日が昇ってきて気温もぐんぐんと上がってきているのでペースを上げて一気に走りきってしまいたい気分です。

美麻エイドから10kmほどの気持ちいいダウンヒル。車が少ない道なので結構スピード出せて最高の気分でした。
山を下って大町市内に入ると信号が多くて少しイライラしましたが、高瀬川を渡る橋からは遠くの白馬が見渡せて絶景も楽しめました。
IMG_8551.JPG

IMG_8630.JPG


少し走ると高瀬川沿いのサイクリングロードのような道は走り易くて一気に距離を稼ぎました。
意外と早く安曇野エイドに到着。
かなり疲れて腰も痛くなってきて写真を撮る気力も無くなっていました。

エイドを出てからダラダラとした登りで足がきつくなり、ゴールに向かうりんご畑の道は一時停止が多くてイライラしましたが、なんとか無事にゴールインできました。

ゴールでは完走証とご褒美にたい焼きをいただきました。
IMG_8554.JPG


少し休んでから松本駅まで走り、ホテルに預かってもらった大型輪行バッグにチャリを梱包し、ヤマト運輸の営業所からヤマト便で自転車を宅送。
大汗かいて身軽になってから駅近の銭湯で汗を流し、駅前の「松本からあげセンター」でたらふくビールとハイボールと山賊焼をいただき、特急あずさで家に向かいます。
IMG_8557.JPG

IMG_8558.JPG


今回初めての自転車イベントで走りきれるか心配もありましたが、なんとか走りきれたので少しだけ自信がついたと思います。また、大勢で走るイベントの楽しさや、地元の人達のサポートのありがたさを実感し、このようなイベントもいいなと思いました。
でも160kmは無理かな?という感想です。

posted by hiro_yaji at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック