2018年03月03日

B.B.BASEで館山へ

JR東日本が凄いことをやってくれました
チャリダー専用に改造された電車「B.B.BASE」は自転車を袋詰めせずにそのまま搭載が可能。
千葉県の内房、外房、佐原と3つのコースが用意されています。
早速、友人を誘って利用してみました。内房コースを利用して館山へ向かいます。

この電車は総武線の両国駅が始発。家の最寄駅から両国までは残念ながら袋詰め輪行です。
IMG_0185.JPG

両国駅で一度下車して専用の入口からホームに入ります。
IMG_0186.JPG

ホームは普段利用されていない天皇陛下が相撲を観戦する時に利用する特別なホームとのこと。
なので次の駅は房総です。
IMG_0189.JPG


派手にデザインされた車両。
IMG_0190.JPG


このように自転車を立てて搭載します。
IMG_0231.JPG


贅沢に配置されたボックスシートは足元も広くて快適です。
残念ながらリクライニングはしません。
IMG_0193.JPG


4号車はこれまた贅沢にフリースペースになっています。
IMG_0194.JPG


停車駅な少ないですが、特急電車の待ち合わせなのか駅で長く停車していることが多く、目的地までは結構時間がかかりますが、電車がとても快適なので苦になりません。
IMG_0243.JPG


館山で降りてぐるりと一周することもできますが、少し先にある和田浦駅まで行くことも可能です。
和田浦駅で下車するとホームは歓迎ムードが凄かったです。
IMG_0230.JPG


快適な海沿いのコースを先ずは千倉経由で野島崎に向かいます。
IMG_0198.JPG

IMG_0203.JPG


道の駅ローズマリー公園で休憩。
IMG_0199.JPG


道の駅ちくら潮騒王国で休憩。
IMG_0200.JPG

IMG_0201.JPG


野島崎灯台の入口付近にある海鮮料理屋「みずるめ」でランチをいただきました。
地魚のフライと"なめろう"は絶品で、思わずご飯をおかわりしてしまい、この後しばらくお腹が苦しかったです。
IMG_0207.JPG

IMG_0208.JPG


フラワーラインを洲崎に向けて走ります。
洲崎付近は坂が多くて体力を奪います。
IMG_0233.JPG


洲崎の灯台の先にあるキャンプ場は絶景で疲れも吹き飛びました。
IMG_0210-EFFECTS.jpg

DSC01596.JPG


shangrila 3でデイキャンプしている人がいました。気持ち良さそう。今度真似したい。
DSC01600.JPG


最後は館山駅に向かって走ります。
途中で立ち寄り入浴する予定だった旅館に着いたら3時で入浴は終了とのことで残念。
館山駅近くの「里見の湯」で汗を流しました。ここの日帰り温泉は1500円とお値段高めですが、B.B.BASEにおまけで付いている1000円分のクーポンを利用して500円で入れました。

館山駅に到着
IMG_0212.JPG


館山駅前にある房洋堂というお菓子屋さんで、これもまたB.B.BASEにおまけ付いているお土産をいただき、駅前の弁当屋で「クジラ弁当」を購入して帰りの電車に乗ります。
普段ならここで袋詰めですが、疲れている時に自転車をそのまま電車に積めるのは楽でいいです。
IMG_0213.JPG

クジラ弁当をいただきながらビールで疲れを癒します。
IMG_0217.JPG

IMG_0218.JPG


あっという間に両国駅に着いてしまいました。
このまま家の最寄駅まで行ければいいのですが、両国で下車して袋詰めしなければならないので残念です。


ということでチャリダー憧れのB.B.BASEを利用して思ったのは、
こんな車両を作ってくれたJR東日本は凄いの一言。
でも両国駅で一度改札を出て袋詰めしなければならいのはちょっと残念。


料金は特急で行くのとほとんど変わらないので安くはないですが、輪講袋を置く場所の心配をしなくて済む安心感と、広くて贅沢な座席スペースと、何より自転車をそのまま電車に積めるメリットは何物にも代え難いです。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。