2018年08月19日

いろは坂ヒルクライム

5△歳の誕生日、最近よくあるが朝3時半に目が覚めてしまう。2度寝もできず天気も良さそうなのでチャリで何処かへ走りに行こうかと思案。
色々考えた末、前日に義母から聞いた土産話が頭に残っていたこともあり日光に行ってみようと考える。

坂道は大の苦手なので日光と言えばいろは坂が問題となる。でもいろは坂は意外と初心者向きと聞いたこともあるし、記念日のイベントとしては悪くないなと無謀にもチャレンジしてみようかと決断。

速攻で支度して、電車の経路を調べると宇都宮線の快速と東武日光線の無料で乗れる特急を使えば東武日光駅まで低料金でアクセス可能と判り、6時前に家を出て8:30に到着。

IMG_0992.JPG


自転車を組み上げて早駅を出ると東照宮まで真っ直ぐと続く一本調子の坂が待ち受けます。いつも出だしは気が張っているので難なく走行。東照宮まではあっという間です。

IMG_0993.JPG


東照宮を過ぎても緩めの長い坂が延々と続き、流石に脚が悲鳴をあげ始めたころにいろは坂の入り口に到着。
ここからは一方通行なのでもう後戻りできないと覚悟を決めます。

IMG_1017.JPG


この日は結構な日差しでしたが、いろは坂に入ると木々に覆われており、夏でも涼しい日陰を走行できます。
この時点で9時半くらいでしたが、まだ自動車の走行は少なめで、しかも一方通行なので走りやすい道です。

カーブには「い」「ろ」「は」「に」「ほ」「へ」「と」と名前がついており、到達度合いが判るので励みになります。

IMG_0997.JPG


最初のうちは坂の斜度がそんなにきつくないので余裕がありましたが、
段々と本格的なつづら折りになってきて、斜度も心なしか上がってきて、特に左カーブは斜度がキツくなります。もうギヤはインナーローに張り付いたままでした。

IMG_1002.JPG

徐々に脚が悲鳴を上げ始め、小休止しながら何とか漕ぎ続けます。

IMG_1001.JPG


以前に碓氷峠を登った時にも感じましたが、貧脚の自分は32Tとかのでかいスプロケットを装着しないともう無理だなと痛感。

IMG_1010.JPG


10時過ぎに何とか黒髪平という休憩ポイントにたどり着きました。標高1173mなので500m以上登ってきたことになります。

IMG_1009.JPG


ここからいろは坂の登りの終点となる明智平までは直ぐ近くでした。

IMG_1014.JPG


ちょっと休んでからトンネルを過ぎると中禅寺湖までは気持ちよい下り坂。あっという間に中禅寺湖に到着。

IMG_1019.JPG


最近JR東日本のCMで話題になっている旧英国大使館別荘を見学。

IMG_1025.JPG


中禅寺湖の水は本当に綺麗でした。

IMG_1029.JPG


ちょっと欠けてますが、ここから見える男体山は格別です。

IMG_1026.JPG


お昼を過ぎてお腹が空きましたが、一気にいろは坂を降りてお昼ご飯は駅近でラーメンと餃子いただきました。

IMG_1039.JPG

IMG_1040.JPG


地元の人向けの地味な温泉を見つけたので、立ち寄りしてパンパンになった脚をほぐしました。

IMG_1044.JPG


帰りはちょっと贅沢して東武スペーシアを利用。
全席指定で新幹線のグリーン車のようなゆったり座席でお疲れさまビールをいただきました。

IMG_1045.JPG


ReLive動画へ
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。