2018年09月23日

金峰山

今年は山モチベーションが下がってしまい、気づいたら秋になってしまった。

ふと思いたち急に山に行きたくなり、関東近郊でそこそこ山岳ムードが楽しめそうな金峰山へ日帰りで出掛けた。

塩山駅からバスと乗合タクシーで標高2360mの日本最高標高の大弛峠までアクセスすれば、ほぼ平行移動で山頂まで行ける。

map.jpg


始発のバスは電車だと間に合わないので8:30発に乗ると大弛峠には10:00に着く。帰りのバスは14:50発と16:00発だが既に16:00発は満席。
獲得標高こそ少ないが9kmほどの行程は、標準コースタイムが登り3時間、下り2時間、なので食事や休憩を考えると時間的には結構タイトになる。

山頂ではゆっくり景色も楽しみたいので、バスを降りたら速攻で支度して登山道は小走り気味に先を急いだ。
あまり景色を楽しんでいる余裕はないが、北八ヶ岳のような苔に囲まれた雰囲気のいい樹林帯を抜けて朝日岳のガレ場から雲海に浮かぶ富士山の絶景。

DSC01971.JPG


ここまでくると山頂の五丈岩が遠くに見える。紅葉もピークではないがなかなか綺麗。

DSC01986.JPG

ここから一度大きく下って登り返すと賽の河原と呼ばれる広い山頂が現れる。
遠くには八ヶ岳や北アルプス、隣の瑞牆山も良く観える。

DSC01995.JPG

DSC02000.JPG


もう少し歩くと五丈岩が現れるが、その岩の大きさに驚かされる。

DSC02002.JPG

DSC02003.JPG


ここでお昼ごはん。景色も堪能。富士山も遠くに見ることができた。

DSC02006.JPG

DSC02004.JPG


帰り道も脇目も振らず小走りペースで大弛峠を目指し、なんとか帰りのバスに乗車することができた。
途中、花かげの湯という日帰り温泉施設に寄ることもできるが、そのまま帰宅することにした。

電車バスの日帰りで2500m級のしっかりした山岳ムードと絶景が楽しめる金峰山は最高に楽しく、冷めていた山モチベーションに火がつきました。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。