2018年08月19日

いろは坂ヒルクライム

5△歳の誕生日、最近よくあるが朝3時半に目が覚めてしまう。2度寝もできず天気も良さそうなのでチャリで何処かへ走りに行こうかと思案。
色々考えた末、前日に義母から聞いた土産話が頭に残っていたこともあり日光に行ってみようと考える。

坂道は大の苦手なので日光と言えばいろは坂が問題となる。でもいろは坂は意外と初心者向きと聞いたこともあるし、記念日のイベントとしては悪くないなと無謀にもチャレンジしてみようかと決断。

速攻で支度して、電車の経路を調べると宇都宮線の快速と東武日光線の無料で乗れる特急を使えば東武日光駅まで低料金でアクセス可能と判り、6時前に家を出て8:30に到着。

IMG_0992.JPG


自転車を組み上げて早駅を出ると東照宮まで真っ直ぐと続く一本調子の坂が待ち受けます。いつも出だしは気が張っているので難なく走行。東照宮まではあっという間です。

IMG_0993.JPG


東照宮を過ぎても緩めの長い坂が延々と続き、流石に脚が悲鳴をあげ始めたころにいろは坂の入り口に到着。
ここからは一方通行なのでもう後戻りできないと覚悟を決めます。

IMG_1017.JPG


この日は結構な日差しでしたが、いろは坂に入ると木々に覆われており、夏でも涼しい日陰を走行できます。
この時点で9時半くらいでしたが、まだ自動車の走行は少なめで、しかも一方通行なので走りやすい道です。

カーブには「い」「ろ」「は」「に」「ほ」「へ」「と」と名前がついており、到達度合いが判るので励みになります。

IMG_0997.JPG


最初のうちは坂の斜度がそんなにきつくないので余裕がありましたが、
段々と本格的なつづら折りになってきて、斜度も心なしか上がってきて、特に左カーブは斜度がキツくなります。もうギヤはインナーローに張り付いたままでした。

IMG_1002.JPG

徐々に脚が悲鳴を上げ始め、小休止しながら何とか漕ぎ続けます。

IMG_1001.JPG


以前に碓氷峠を登った時にも感じましたが、貧脚の自分は32Tとかのでかいスプロケットを装着しないともう無理だなと痛感。

IMG_1010.JPG


10時過ぎに何とか黒髪平という休憩ポイントにたどり着きました。標高1173mなので500m以上登ってきたことになります。

IMG_1009.JPG


ここからいろは坂の登りの終点となる明智平までは直ぐ近くでした。

IMG_1014.JPG


ちょっと休んでからトンネルを過ぎると中禅寺湖までは気持ちよい下り坂。あっという間に中禅寺湖に到着。

IMG_1019.JPG


最近JR東日本のCMで話題になっている旧英国大使館別荘を見学。

IMG_1025.JPG


中禅寺湖の水は本当に綺麗でした。

IMG_1029.JPG


ちょっと欠けてますが、ここから見える男体山は格別です。

IMG_1026.JPG


お昼を過ぎてお腹が空きましたが、一気にいろは坂を降りてお昼ご飯は駅近でラーメンと餃子いただきました。

IMG_1039.JPG

IMG_1040.JPG


地元の人向けの地味な温泉を見つけたので、立ち寄りしてパンパンになった脚をほぐしました。

IMG_1044.JPG


帰りはちょっと贅沢して東武スペーシアを利用。
全席指定で新幹線のグリーン車のようなゆったり座席でお疲れさまビールをいただきました。

IMG_1045.JPG


ReLive動画へ
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

土浦から銚子へ(未達成)

最近バイクを新調した会社の友人達と何処かへ走りに行こうかということになり、前から気になっていた霞ヶ浦のサイクリングロードへ出掛けた。
土浦駅まで輪行して霞ヶ浦から利根川沿いに銚子まで向かう計画。

土浦駅に到着。最近この駅は自転車乗りをサポートする施設を作るなど、チャリダー歓迎の機運が高まっている。
https://www.perch-tsuchiura.com/playatre/

こんな立派な施設は利用しないが、駅構内にチャリを組み立てるスペースがあり、空気入れも常備されているので、そこを利用させていただいた。もちろん料金は不要。

駅前のからちょっと走ると霞ヶ浦サイクリングロードの東端があり、湖沿いの快適な走行が手軽に楽しめる。

IMG_0837.JPG


ここから銚子までは100kmも無いので通常ならば行ける気がするが、この日は南風が強く、横風だから何とかなると思って走れ始めたら結構厳しいコンディション。さらに6月にしては気温もかなり高め。行けることまで行って、途中で断念しても後半はほぼ並行して電車(成田線)が走っているので、気軽にリタイアできる。

初めての霞ヶ浦サイクリングロードは路面も新しく、かなりの割合で湖沿いを走れるのでとても気持ちがいい。

IMG_0836.JPG


風と暑さに体力を奪われて休憩したいのに、コース沿いに日陰で休めるような場所があまりなく、通り沿いのコンビニで休んだりしながら何とか霞ヶ浦の西端の香取市に到着。ここまで約50km。ここから利根川サイクリングロードに乗り換えて更に西へ向かう。

ところがここにきて風向きが南風から西風に変わってきてしまい、風速も5m以上はありそう。
漕いでも漕いでも前に進まない。

ついに体力的に限界を感じ、70km走行したあたりでリタイアを決断。
銚子で美味しい魚を食えないのは残念だけど、成田線の小見川駅へ向かい駅前で見つけた海鮮料理屋で昼飯をいただいた。
ここは海沿いではないけど、魚屋さんがやっている料理屋はとてもクオリティが高く、良い意味で裏切られました。

IMG_0832.JPG

IMG_0831.JPG


コンディションの良い日にいつかリベンジしようかと思います。




posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

桜堤公園

荒川サイクリングロードの上流にある桜堤公園はチャリダーの間では有名な花見スポット。
一度行きたいと思っていました。
この週末、少し足を伸ばして東松山まで行けば有名なCOEDOビールの工場でお花見イベントをやっていることを知り、友人を誘って出掛けてきました。

あまり風もなく順調に走行。ここまで来ればもうすぐ桜堤公園です。
IMG_0376.JPG


桜堤公園まではあっという間でした。
見事に桜のトンネルが出来ていて、花を楽しみながら走ることができます。
IMG_0390.JPG


菜の花も咲いているところがあり、黄色と桜色のコントラストも見事でした。
IMG_0393.JPG


荒サイをもう少し北上してから西に向かってCOEDOビールの工場を目指します。
かなり解りにくい場所でしたがなんとか到着。でもイベントはお昼からで未だ始まっていませんでした。
IMG_0399.JPG


この工場、元々は企業の研修所だったそうで、広大なグラウンドがあり、桜が咲いている場所にイベント会場が設営されていました。コンビニで買ったお昼ご飯を桜を眺めながらいただきました。
IMG_0401.JPG

IMG_0405.JPG


帰りは国道407号から一般道で桜堤公園まで戻り、そこから荒サイをひたすら南下です。
少し向かい風気味でかなりバテました。
走行距離は88kmでした。



posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

B.B.BASEで館山へ

JR東日本が凄いことをやってくれました
チャリダー専用に改造された電車「B.B.BASE」は自転車を袋詰めせずにそのまま搭載が可能。
千葉県の内房、外房、佐原と3つのコースが用意されています。
早速、友人を誘って利用してみました。内房コースを利用して館山へ向かいます。

この電車は総武線の両国駅が始発。家の最寄駅から両国までは残念ながら袋詰め輪行です。
IMG_0185.JPG

両国駅で一度下車して専用の入口からホームに入ります。
IMG_0186.JPG

ホームは普段利用されていない天皇陛下が相撲を観戦する時に利用する特別なホームとのこと。
なので次の駅は房総です。
IMG_0189.JPG


派手にデザインされた車両。
IMG_0190.JPG


このように自転車を立てて搭載します。
IMG_0231.JPG


贅沢に配置されたボックスシートは足元も広くて快適です。
残念ながらリクライニングはしません。
IMG_0193.JPG


4号車はこれまた贅沢にフリースペースになっています。
IMG_0194.JPG


停車駅な少ないですが、特急電車の待ち合わせなのか駅で長く停車していることが多く、目的地までは結構時間がかかりますが、電車がとても快適なので苦になりません。
IMG_0243.JPG


館山で降りてぐるりと一周することもできますが、少し先にある和田浦駅まで行くことも可能です。
和田浦駅で下車するとホームは歓迎ムードが凄かったです。
IMG_0230.JPG


快適な海沿いのコースを先ずは千倉経由で野島崎に向かいます。
IMG_0198.JPG

IMG_0203.JPG


道の駅ローズマリー公園で休憩。
IMG_0199.JPG


道の駅ちくら潮騒王国で休憩。
IMG_0200.JPG

IMG_0201.JPG


野島崎灯台の入口付近にある海鮮料理屋「みずるめ」でランチをいただきました。
地魚のフライと"なめろう"は絶品で、思わずご飯をおかわりしてしまい、この後しばらくお腹が苦しかったです。
IMG_0207.JPG

IMG_0208.JPG


フラワーラインを洲崎に向けて走ります。
洲崎付近は坂が多くて体力を奪います。
IMG_0233.JPG


洲崎の灯台の先にあるキャンプ場は絶景で疲れも吹き飛びました。
IMG_0210-EFFECTS.jpg

DSC01596.JPG


shangrila 3でデイキャンプしている人がいました。気持ち良さそう。今度真似したい。
DSC01600.JPG


最後は館山駅に向かって走ります。
途中で立ち寄り入浴する予定だった旅館に着いたら3時で入浴は終了とのことで残念。
館山駅近くの「里見の湯」で汗を流しました。ここの日帰り温泉は1500円とお値段高めですが、B.B.BASEにおまけで付いている1000円分のクーポンを利用して500円で入れました。

館山駅に到着
IMG_0212.JPG


館山駅前にある房洋堂というお菓子屋さんで、これもまたB.B.BASEにおまけ付いているお土産をいただき、駅前の弁当屋で「クジラ弁当」を購入して帰りの電車に乗ります。
普段ならここで袋詰めですが、疲れている時に自転車をそのまま電車に積めるのは楽でいいです。
IMG_0213.JPG

クジラ弁当をいただきながらビールで疲れを癒します。
IMG_0217.JPG

IMG_0218.JPG


あっという間に両国駅に着いてしまいました。
このまま家の最寄駅まで行ければいいのですが、両国で下車して袋詰めしなければならないので残念です。


ということでチャリダー憧れのB.B.BASEを利用して思ったのは、
こんな車両を作ってくれたJR東日本は凄いの一言。
でも両国駅で一度改札を出て袋詰めしなければならいのはちょっと残念。


料金は特急で行くのとほとんど変わらないので安くはないですが、輪講袋を置く場所の心配をしなくて済む安心感と、広くて贅沢な座席スペースと、何より自転車をそのまま電車に積めるメリットは何物にも代え難いです。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

アルプス安曇野センチュリーライド 2017 その2

木崎湖エイドで120kmコースと160kmコースは分岐
160kmの人たちは白馬方面へ向かい、木崎湖まで戻ってきてから美麻エイド方面へ向かうことになるのですが、ここから美麻エイドまではコース最長の登りが待ち受けます。
120kmにしておいて良かったと胸をなでおろしながら少し走ると木崎湖がありました。
IMG_8543.JPG


湖の周りは木に覆われて涼しく高原のような雰囲気です。
しかしその先はきつい登りが5kmほど続きます。
斜度は強烈ではありませんが細い山道で、日差しも強くてあっという間に体力を奪われました。
バテバテでエイドに到着
冷たい漬物ととても美味しい冷奴がふるまわれました。
IMG_8545.JPG


かなりバテましたが、ここから先は基本的に下り基調の道が続くはずなのでホッとしながら次に向かいます。
しかし最後の安曇野エイドまでは最も長い区間で30kmほどあり、日が昇ってきて気温もぐんぐんと上がってきているのでペースを上げて一気に走りきってしまいたい気分です。

美麻エイドから10kmほどの気持ちいいダウンヒル。車が少ない道なので結構スピード出せて最高の気分でした。
山を下って大町市内に入ると信号が多くて少しイライラしましたが、高瀬川を渡る橋からは遠くの白馬が見渡せて絶景も楽しめました。
IMG_8551.JPG

IMG_8630.JPG


少し走ると高瀬川沿いのサイクリングロードのような道は走り易くて一気に距離を稼ぎました。
意外と早く安曇野エイドに到着。
かなり疲れて腰も痛くなってきて写真を撮る気力も無くなっていました。

エイドを出てからダラダラとした登りで足がきつくなり、ゴールに向かうりんご畑の道は一時停止が多くてイライラしましたが、なんとか無事にゴールインできました。

ゴールでは完走証とご褒美にたい焼きをいただきました。
IMG_8554.JPG


少し休んでから松本駅まで走り、ホテルに預かってもらった大型輪行バッグにチャリを梱包し、ヤマト運輸の営業所からヤマト便で自転車を宅送。
大汗かいて身軽になってから駅近の銭湯で汗を流し、駅前の「松本からあげセンター」でたらふくビールとハイボールと山賊焼をいただき、特急あずさで家に向かいます。
IMG_8557.JPG

IMG_8558.JPG


今回初めての自転車イベントで走りきれるか心配もありましたが、なんとか走りきれたので少しだけ自信がついたと思います。また、大勢で走るイベントの楽しさや、地元の人達のサポートのありがたさを実感し、このようなイベントもいいなと思いました。
でも160kmは無理かな?という感想です。

posted by hiro_yaji at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルプス安曇野センチュリーライド 2017 その1

自転車を始めて6年経ちましたが、これまで自転車のイベントには参加したことがありませんでした。興味がない訳ではないですが、きっかけがなかっただけで、今回友人に誘われてアルプス安曇野センチュリーライドに参加することにしました。雄大な北アルプスの景色を楽しむ人気のイベントで始めて参加するには申し分のない内容です。
メインのコースは160kmですが流石に自信がないので120kmにエントリーすることしました。

コースは松本市内をスタートして安曇野と信濃大町を経由して木崎湖で折り返しというルートです。160kmコースの場合は白馬で折り返しなのでさらに絶景が楽しめそうで少し悔しい感じです、


これまで最も長く走った距離が100kmくらいなのでちょっと心配になり、3月には千葉の房総半島横断(約70km)、前週には葛西臨海公園往復(約90km)とトレーニングのつもりで走ってきました。

色々悩みましたが、今回は輪行ではなくて始めて自転車をヤマト便で現地まで届けることにしました。120km走ってクタクタになって輪行で家まで帰るのが嫌だったのと、中央線の特急あずさは(特にスーパーあずさ)デッキが狭いらしいという情報もありそうしたのですが、これは大正解でした。
ヤマト便は破損のリスクはありますが松本まで片道1,800円ほど。あずさは"えきねっと"の割引で35%OFFになるので割引した分で配送料が賄えることになります。
とても楽なのでクセになりそうです。

スタート時間が早朝なので前日の5/20(土)に現地入りします。相変わらず横揺れで乗りごごち悪いスーパーあずさに2時間半揺られて松本に着くと自転車は無事にホテルに届けられていました。
この日は季節はずれの夏日で気温は30℃を超えており翌日が思いやられますが、駅前の立食い蕎麦で冷たいざるそばをいただきました。長野は立食い蕎麦でも美味しいのがいただけます。
IMG_8490.JPG


会場で前日受付しないといけないので、自転車を組み上げて松本駅から10kmほど離れた会場まで走ります。前週に行きつけの自転車屋で調整をしたばかりでしたが、袋詰めのためにリアのディレイラーを脱着したからかセッティングが狂ってしまいましたが、会場にあったMavicのブースでプロの整備士に調整をしていただくことができました。これまで経験がないくらいにスムーズがシフトチェンジができるようになってこれも大成功でした。
会場ではステージでイベントが催されており、NHKのチャリダーで有名な竹谷さんが講演されていました。
IMG_8496.JPG


駅に戻ってホテルにチェックインすると今回同行する友人が到着。せっかく松本に来たので松本城を外から見学し、松本の奥座敷浅間温泉で一風呂浴びるべく向かう途中で友人の自転車がパンク。チューブラーの替えがないから焦りましたが、幸い近くにロードも扱う自転車屋があり事なきを得ました。

浅間温泉までは5kmほど。温泉街は急坂で大変でしたが一番奥のほうにある「枇杷の湯」を利用しました。日帰り用の温泉ですが高級旅館風の造りで、お湯も柔らかくて肌に良さそうでした。休憩所に縁側があり優雅な雰囲気を味わうことができました。
IMG_8515.JPG


松本のB級グルメらしい「山賊焼き」を食える居酒屋を探してお城に近い「池国」に入りました。
山賊焼きはとても美味でしたが、これも地元の名物らしい馬刺しも最高でした。
IMG_8517.JPG

IMG_8516.JPG

帰りに蕎麦をいただいてホテルに戻り翌日に備えて早めに寝ます。
IMG_8520.JPG



当日5/21(日)スタートが6:30なので5時に起床。簡単なコンビニ朝飯を部屋で済ませて会場に向かいます。
すでに160kmのスタートが始まっており120kmも列に並んで待ちます。
IMG_8524.JPG


いよいよスタート。序盤に短い登りがありますが、まだ気力も体力も充分なので余裕を持って登れました。
そこから安曇野に向かって山沿いで見晴らしの良い、ゆるいアップダウンが続くコースを走ります。左前方にはまだ雪を纏った常念岳が綺麗です。
IMG_8525.JPG


20kmほどで最初のエイドステーション「国営あずみの公園」に到着。
地元産の米粉のコッペパンに地元産の複数種類のジャムと自分でのせていただきます。
デザートに地元のお菓子もつきます。
IMG_8528.JPG

IMG_8529.JPG

IMG_8636.JPG



15分くらい休んで先に向かいます。大町方面へ山沿いの道を走りますが、ここは以前に旅行で来た時に走ったコースでとても懐かしく思い出しました。
あずみの公園もそうでしたが、エイドステーションに向かう道は長い登りで体力を削られます。ここの公園は園内に入ってからも長くてイライラしましたが、ご褒美に美味しいおにぎりをいただきました。地元産の色々な種類の味噌をおにぎりにのせて、地元産のお漬物と一緒にいただきます。疲れた身体に塩分がしみていく気がしました。おにぎりもお米が良いのかとても美味しくいただきました。
IMG_8536.JPG

IMG_8537.JPG

IMG_8538.JPG


次のエイドは木崎湖。10kmほどなのであっという間に着いてしまいました。
ここではとても腰の強いそうめんと冷たい水羊羹。
そろそろお腹がきつくなってきました。
IMG_8539.JPG



次はこのコースの最大の難関、山を登った先にある美麻エイドです。


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

小湊鐵道からいすみ鉄道

執筆中

IMG_8071.JPG

IMG_8074.JPG

IMG_8079.JPG

IMG_8081.JPG

IMG_8089.JPG

IMG_8095.JPG

IMG_8100.JPG

IMG_8106.JPG

IMG_8111.JPG

IMG_8117.JPG

IMG_8120.JPG

IMG_8121.JPG

IMG_8131.JPG

IMG_8133.JPG

IMG_8136.JPG

IMG_8137.JPG

IMG_8144.JPG

IMG_8142.JPG

IMG_8140.JPG

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

RX100と浅草チャリ散歩

今使用しているiPhone6のカメラの性能がいいのでデジカメを使用する機会はめっきり減りましたが、たまにちゃんと写真を撮りたいときは今でもデジイチを使います。
解像度の高いレンズと大きな映像素子でしっかり撮った画像は、いくらスマホのカメラのレベルが上がったとしても歴然とした差があります。

山に行くときや自転車で出掛けるときは荷物になるのでデジイチを持っていく気になれません。でもそんな時こそちゃんと写真が撮りたいから良く撮れるコンデジがずっと欲しいと思っていました。

最近はスマホのカメラが良くなったせいでコンデジが売れなくなったようですが、生き残りをかけてコンデジも進化しており、そんなニーズに応える製品もたくさん出てきています。

ミラーレス一眼という選択もありますが、実際に手にしてみると結構大きく、交換レンズも持ち歩くと考えるとそれなりな荷物になります。交換レンズを使用しないのであれば一眼の意味がありません。

いろいろと考えて行き着いたのがこのカメラでした。SONY DSC-RX100
IMG_7387.JPG


このカメラは2012年に発売されて、後継機も既に5世代ほど出ているのに今でも販売しているというのが人気を物語っており、最新機種だと10万円を超える高級器です。

初代機でも性能的にそんなに大きく劣らないので、アウトドアで荒っぽく使うことも考えるとこれで十分。中古なら2万円台で手に入ります。

ボーナスも出たので自分へのご褒美に程度の良さそうな中古製品を購入しました。

先週出掛けた富士山で早速デビュー(前のブログを参照)
写真を撮るのが楽しくて家にじっとしていられず、今週は浅草まで撮影目的でツーリングしてきました。

IMG_7396.JPG

IMG_7399.JPG

IMG_7405.JPG

IMG_7412.JPG

IMG_7418.JPG

IMG_7421.JPG

IMG_7423.JPG

まだまだ使いこなせていないのでイメージしたとおりの写真が撮れないですが、描写力はデジイチ>RX100>>>スマホという感触。
お出掛けのときには欠かせない存在になりそうです。
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

碓氷峠ヒルクライム

苦手な坂を克服するべく初めての峠越えにチャレンジ

IMG_6391.JPG


海の日がらみの3連休
関東はまだ梅雨が明けず曇りがちで涼しめの予報
自転車を始めて5年経ちましたが相変わらず坂道が超苦手な自分。輪行で遠くに行くことも多いのにどうしても行くところが限られてしまう悩みを感じています。
ふと思い立って坂道を登ろうと決意。
行くのなら距離は長いけど斜度が緩めで初心者向きと言われている碓氷峠と以前から決めていました。

輪行で高崎まで行き、ここから走り出して国道18号を軽井沢まで往復すると約100kmほどなので、ここで降りていくチャリダーを複数見かけました。
何しろ坂が大の苦手の自分は少しだけ悩みましたが、隣のホームに止まっている信越線で終点の横川駅まで行ってしましました。

信州へ向かう信越線がこんなところで終わってしまうのを今更驚きつつ、横川駅のホームにはアプト式線路の模型の展示や釜飯屋の売店などがあり、鉄道ファンの心をくすぐる雰囲気です。

IMG_6402.JPG

IMG_6380.JPG


古い駅舎を出ると目の前には峠の釜めし「おぎのや」の本店と思われる古い建物があります。

IMG_6403.JPG


昔使っていたと思われる線路の先には「碓氷峠 鉄道文化むら」があり、機関車などが多数展示してありました。

IMG_6406.JPG



駅前にはコンビニとかないので国道18号を少しだけ戻ったところにある「おぎのや」のドライブインで支度を整えます。
大学生時代にスキーの度にお世話になっていたドライブイン。30年ぶりに来てみたら外観はほぼ当時のままですが、内装が見違えるほど綺麗になっていました。

IMG_6381.JPG


18号を軽井沢に向けて出発してしばらくすると碓氷バイパスと碓氷峠の旧道の分岐があり、ここから坂が始まります。

IMG_6408.JPG

旧中山道の宿場町だったという坂本のあたりはまっすぐの緩い斜度の一本調子の登り道が長く続きますが、まだ脚が疲れていないので、いい感じに登っていくことができます。

息が切れてきた頃に「碓氷湖」が現れましたが道路からはほとんど何も見えませんでした。

さらにしばらく登ると歴史を感じされる「めがね橋」が見えてきました。

IMG_6385.JPG


下から見上げると圧巻です。

IMG_6388.JPG


この先は観光スポットも休む場所もなく、ひたすら延々とカーブと坂が続きます。
めがね橋より先は何もないので自動車も減り、道路を広く使いながら一つ一つ地道にカーブと坂を越えていきます。

最初のうちはアウターで頑張ってみましたが直ぐに限界が訪れ、最後までインナーで後ろは基本 “28”をキープ。たまに斜度が緩むと”26” “27”で多少の距離を稼ぐのが限界。脚力のなさをあらためて実感しました。
たまにカーブで斜度がきつくなってもダンシングする体力もなくなっており、脚を着きたい衝動に何度もかられ、“32”のスプロケを買わなかったことを何度も後悔しました。

この道は殆ど木に囲まれて眺望は殆どありませんが、真夏の陽気でも走れそうなくらい涼しげな雰囲気です。
景色を楽しむ余裕もなく修行のように漕ぎ進むと樹木の背丈が少し低くなってきたな〜と思ったら突然に峠の最高地点に到着しました。

IMG_6389.JPG


地元に住んでいるという恐らく自分より年上のチャリダーと会話しましたが、アウター縛りで余裕だそうですげーなーと思いました。そしてやっぱり自分は坂には向いていないことをあらためて実感したのでした。

峠を越えて少し下ると直ぐに軽井沢駅。
ここからはポタリングモードで旧軽方面に向かいます。
まずは万平ホテルへ

IMG_6395.JPG

繁華街からちょっと離れているし、車で乗り付ける機会もなかったので初めての訪問でしたが、歴史を感じさせる建物でいつか泊まってみたいですが恐らくそういうことはないだろうなと思いました。


別荘街の細い道をウロウロ走ると旧軽銀座の通りに出ました。

通りの一番奥にある教会の礼拝堂

IMG_6397.JPG



旧軽銀座は人混みで自転車では走れないほどでした。
ガイドブックにあるような有名なお店は大行列です。

IMG_6399.JPG


裏道で一人でも入りやすいランチの店を探していたら、軽井沢会のテニスコート近くに雰囲気の良さそうなカフェ兼ネパール料理屋があったのでカレーのランチをいただきました。
ボリュームは少なめでしたが味と雰囲気はgoodでした。

IMG_6400.JPG

IMG_6415.JPG


木に囲まれた緩い坂を登っていくと旧三笠ホテルがありました
入管にはお金が必要なので外から眺めて楽しみました。

IMG_6417.JPG

IMG_6416.JPG


中軽井沢方面に向かう道にある雲場池を見に行ったらここも凄い人だらけで、日本人よりも中国人の観光客の方が多くてさらに驚きました。

IMG_6418.JPG


高原の散歩はこれくらいにして、碓氷峠へ向かいます。
普通、峠は登って降りてですが、ここは登った場所が軽井沢なので帰りはほとんど下りというのが良いです。

1時間かけて登った道を25分で下りました。
木陰の涼しい道のダウンヒルは最高のご褒美でした。

下界は気温が高くてきつかったですが、頑張って高崎駅まで走行。時間も早かったので新幹線は使わずに高崎線で帰宅しました。

IMG_6421.JPG


初めてのヒルクライムでしたが、登っている時はもう2度とやらない考えながら走っていたものの、終わってみると次はもう少し早く登ってみたいと思ってしまいました。
坂が好きな人がよく言う台詞ですが、その気持ちが少しだけわかった気がしました。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

チャリ & SUP in 逗子


友人に誘われて初めてのSUPを体験

IMG_6257.JPG


天気の良い日曜日、とりあえず上野東京ラインで西に向かい国府津で下車。
早速チャリを組み立て、逗子へ向けて追い風の134を気持ちよく爆走。

IMG_6241.JPG


寄り道もせずに逗子に到着。いつものサンドウィッチ屋さんでランチをいただきました。

IMG_6244.JPG


13時に逗子海岸にあるSUPのお店で体験コースを予約していたので、レンタルのウェットスーツに着替え(これも初めて)て海へ向かいます。

IMG_6249.JPG


初めての人と経験者に分かれてレッスンが始まります。
最初に砂浜で基本的な操作を5分くらいで教わり、直ぐに海に入ります。
習うより慣れろという感じです。

意外に簡単にボードの上に立つことができました。うねりの影響を受けない河口付近で基本動作を確認してから葉山マリーナのヨットハーバーのほうに向かってパドルを漕ぎ進みます。

うねりが少ないせいか、まっすぐに漕ぐぶんにはボードは安定しており、一度も落水せずにに葉山マリーナまで来れました。
でもマリーナ付近の入江で方向転換の練習を始めたらバランスを崩して何度も落ちまくりました。

逗子海岸までの帰りは追い風でグングン進みますが、うねりが出てきてまた落ちまくりでした。

たまたまボードの試乗会をやっていたので、色々なタイプのボードに乗らせてもらい、だいぶ慣れてきて最後のほうでは経験者の友人と並んで漕げるようになりました。

はたから見ているよりも全身の筋肉を使うので身体のシェイプアップにもいいのだとか。

ボードは流石に買おうとは思いませんが、たまに借りてやるにはいい遊びだと思います。


帰りはいつもの海カフェで渇いた喉を潤しました(^^)

IMG_6255.JPG

IMG_6261.JPG



posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

Chrome KURSK PRO

自転車用シューズ

ロードバイクに乗るようになって約5年が経ち、最初に買ったSPDシューズがいよいよボロボロになってきたので買い替えました

クラシカルな雰囲気のクロモリロードに似合うSPDは少なくて、ポタリングが中心になりつつある最近の行動パターンを考えると見た目はスニーカーのようなシューズが候補になる。

GIRO Republic
Giro-Republic-LX-Road-Shoe-Road-Shoes-Brown-2016-GISRELC40.jpg

DZR Midnight
DZR-midnight-urban-street-clipless-spd-hero_grande.jpg

など

かなり前から随分と迷っていたのに、amazonでお得なお値段で売っていたので背中を押されるように購入しました。

Chrome KURSK PRO
http://chromeindustries.jp/shopbrand/ct136

普段に履いても格好いいデザインです。
IMG_6231.JPG


靴底のネジを外すとクリートをつける穴が現れます。
IMG_6233.JPG

IMG_6234.JPG


早速クリートを装着。
IMG_6235.JPG



イメージ通りでいい買い物でしたが、難点は重いこと。
なんでこんなに重いのか見た目以上に重いです。

タイムを競うような走りには向かないと思いますが、ポタリングなら問題ないレベル。

以前履いていたものよりクリートが引っ込んでいるので、普通の道を歩く分にはカチカチ音がしません。(凸凹の道だとガリガリ音がする)

週末のお出かけがますます楽しみになります(^^)


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

Token Shark Tail Ti

ロードバイクのホイールは標準で付いていたAraya製リムのオリジナルのものを街乗り用に、円高の頃にWiggleで安く買ったカンパのZondaは遠出用にと使い分けています。

その前者のオリジナルホイールにはSimano製の105グレードのフリーとハブとクイックリリースが使用されていますが、クイックリリースがなんか無骨で形状もフレームの溝に合わなくて、フロアスタンドにエンドがハマらなくて安定性が悪いという問題を抱えていました。

最近ちょっと円高になってきたので久しぶりにWiggleを見てたら、おしゃれでフレームの溝の形状にもあいそうなリリースがあったのでポチッとしてしまいました。送料無料にするために前回のツーリングで失くしてしまったサングランスも合わせて購入。

中心の棒がアルミ製のものとチタン製のものがあって、円高の恩恵で国内でアルミを買う金額でチタン製が買えました。
(もともと重くて太いホイールなので重さにこだわる必要な全くないのですが)

納品されて早速装着。

フロント
IMG_6077.JPG


リア
IMG_6076.JPG


ちょっと見た目がおしゃれになった気がしますが、遠くから見ると殆んど誰も気がつかないと思われます。

IMG_6078.JPG


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

箱根温泉ツーリング

だいぶ暖かくなったので久しぶりに輪行ツーリングで箱根へ

IMG_5903.JPG


湘南新宿ラインで逗子まで、そこからいつもと同様に134号を西へ向かう
鎌倉〜江ノ島界隈は混雑するので、一気に大磯まで走ってゆっくりとランチにする計画でしたが、目当ての大磯の食堂は予想以上の大行列。
今回は思いつきで出掛けたのでCPなど用意できておらず、当てどころもなく国道沿いの洋食屋さんで普通の食事になってしまいました。
IMG_5902.JPG

気を取り直して先へ進みます
小田原を過ぎると箱根湯元まではなだらかですが長い登り坂。
毎度バテバテでしたが、さすがに3回目なので最初の頃よりは登れるようになったかも。

湯元から目的地の天山野天風呂までは激しい坂で最後は手押しも交えてどうにか到着。
湯元では散り始めの桜をまだ楽しむ事事が出来ました。
IMG_5908.JPG

IMG_5911.JPG


天山でご褒美のお風呂を堪能いたしました。
IMG_6069.JPG


風呂上がりは箱根湯本駅近くの「はつ花」で冷たい蕎麦とビールをいただきました。
当然帰りは駅から輪行です。
IMG_5919.JPG

IMG_5920.JPG

湘南から箱根へ走るこのパターンはあまりに良すぎて、他では物足りなくなってしまうのが難点です。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

外房ツーリング

最近は湘南ばかりなので、たまには外房を探検

外房に向かう特急「わかしお号」は乗り換えが不便な東京駅の京葉線ホームが始発だが、週末だけは新宿始発の「新宿わかしお号」が1日1本だけ走っている。秋葉原駅で特急に乗り換えて上総一ノ宮駅で下車。

まっすぐ海に向かう道を走るとサーファーで賑わう一宮海水浴場。
IMG_5203.JPG


四半世紀ぶりくらいに訪れた一宮はずいぶん雰囲気も垢抜けて、サーファーの街になっていた。
海沿いを走る道は無いが雰囲気は良い。

国道128号をしばらく走り、夷隅川の辺りから海沿いのサイクリングロードに入る。
秋の空が美しい。
IMG_5229.JPG


しかしサイクリングロードには砂が大量に打ち上げられており、程なくして走行不能となる。
IMG_5213.JPG


国道を走行して大原〜御宿〜勝浦と順調に走行。
途中トンネルや若干のアップダウンがあったり、景色もなかなか。
IMG_5219.JPG

昼飯は勝浦タンタン麺。
町おこしなのは解るが、担々麺とは関係ない居酒屋、とんかつ屋、飲み屋までが担々麺ののぼりを掲げるているのはどうかと思う。開店前から並んでいる店も見かけられる。

勝浦駅から山側に登ったことろにあるラーメン屋「しんでん」で勝浦担々麺をいただく。
玉ねぎが大量に入っているので、辛さと玉ねぎの甘さのバランスがいい感じで期待以上の美味しさでした。

IMG_5221.JPG

IMG_5222.JPG


どこまで走るか決めていなかったが、とりあえず鴨川を目指すことにして南下開始。
途中、天津小湊で休憩。誕生寺で参拝。
IMG_5225.JPG


鴨川に到着。
時間も早いので仁右衛門島を観光。

IMG_5239.JPG

IMG_5241.JPG

IMG_5245.JPG


帰りの特急を待ちながら安房鴨川駅前にある磯料理「長久」で締めのビールと地魚の造りをいただく。

IMG_5251.JPG


初めて外房を走りましたが、湘南よりアップダウンが多くて走りごたえがありました。
華やかさはないけど景色も良くて美味しいもの色々あって、もっと探検したくなりました。

20151012外房ツーリング.jpg


http://www.movescount.jp/ja/moves/move79706681


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

四国ツーリング 讃岐うどん編

讃岐うどん屋めぐりに自転車は最適でした

IMG_4969.JPG


続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

四国ツーリング 夕焼け小焼けライン編


道後温泉で癒されて、2日目も海沿い絶景ライド経由で四万十へ向かう、はずでした。。。
IMG_4900.JPG

続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

四国ツーリング しまなみ海道編

憧れのしまなみ海道をチャリで走ってきました




続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

大磯〜逗子

2015年初ライドはやっぱり湘南にしました。




続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

New Bicycle

ようやく納車されました




続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

タイヤ交換

約2年半ぶりにチャリのタイヤを交換したので近所を試走行してみた
前よりも更に柔らかくなったが、その影響か転がりは悪くなった印象
荒れた路面を走るときのゴツゴツ感が解消されて楽だけど、転がりの影響が長距離でどうなるか…貧脚なので
IMG_3547.JPG
posted by hiro_yaji at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする