2018年01月28日

粕漬け

先日の酒蔵ランチでいただいた鮭の粕漬けがとても美味しく、調べてみると簡単そうなので家で作ってみました。

普通の酒粕よりも純米吟醸の酒粕の方がいいという情報もあり、酒蔵で貰ってくればよかったと後悔しながら、近所のスーパーで上善如水の酒粕が購入できました。値段もそんなに高くありません。
IMG_0041.JPG


酒と味噌と味醂と砂糖などを混ぜて粕床を作ります。
IMG_0043.JPG


タッパーに具材と一緒に入れて冷蔵庫に放置します。
IMG_0044.JPG


色々と試したいところですが、先ずは鮭の切り身で試してみました。
IMG_0042.JPG


焼くときは焦げやすいのでグリルで慎重に焼きました。
3日間漬けただけですが丁度良い浸かり具合で、美味しく出来上がりました。
DSC01527.JPG


胡瓜とか
DSC01528.JPG


チーズとかも試してみましたが、やはり魚が一番合いますね。
IMG_0115.JPG


簡単なのに美味しくできるのでくせになりそうです。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

日本酒とワイン

昨年、美味しい日本酒に出会えて最近すっかりハマり気味です。
日本酒の蔵元に行ってみたくなり色々探していたら山梨の塩山にある小さな造り酒屋を見つけました。
カフェも併設されてランチもいただけるとのことで、日本酒好きの会社の仲間を誘って出かけてみました。

場所はほったらかし温泉に近いので、先ずは温泉に立ち寄り。
天気に恵まれたので、のんびり温泉に浸かりながら眺望を楽しむことができました。
IMG_9985.JPG

DSC01488.JPG

ほったらかし温泉から目的地の養老酒造へ向かいます
DSC01523.JPG

杉玉がぶら下がっている立派な門をくぐると小さい庭があり、歴史を感じさせる古い建物があります。
DSC01492.JPG

DSC01493.JPG

DSC01494.JPG

母屋の屋根裏がカフェになっています。
DSC01519.JPG

お昼ごはんを注文してから裏手にある酒蔵を見学させていただきました。

説明していただいた若いご主人がお一人で作っているそうで、短時間で工程を教えていただきましたが全て手作業だそうで相当に手間がかかっていると思われます。お酒は大切に飲まないといけないと感じました。
DSC01496.JPG

DSC01499.JPG



カフェは奥様が切り盛りされているそうで、とても賑わっておりほぼ満席でした。

500円でいただける利き酒セットと
DSC01501.JPG

定食には酒粕漬けの鮭の塩焼きと、
DSC01506.JPG

お酒で長時間煮込んだ豚の角煮と
DSC01505.JPG

粕汁と
DSC01504.JPG

デザートは酒粕のアイスクリーム
DSC01513.JPG

お酒も食事もとても美味しくいただきました

日本酒の次はせっかくなのでワインも行っとくかと、
山梨市駅に戻り、電車で勝沼ぶどう郷まで移動して、ぶどうの丘で甲州ワインの試飲を楽しみました。
DSC01525.JPG

DSC01526.JPG

スッキリとした甲州ワインは和食との相性がいいので、来週に計画されている牡蠣パーティー用にドライなものをお土産に購入しました。

近くて手軽な山梨で温泉とお酒とワインを堪能。
最近仕事で溜まったストレスをかなり解消できたかな?

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

万座温泉

会社のアウトドアクラブの忘年温泉旅行で万座温泉へ

今回はのんびりと温泉メインですが一応アウトドアクラブなので途中で軽くハイキング
軽井沢の離山という別荘地の中にある山というより小高い丘です。

雲場池の近くに登山口があります
DSC01438.JPG

行程の8割は舗装路なのでスニーカーでも余裕
DSC01449.JPG

途中でカモシカも出現
IMG_9912.JPG

でも周りは平地なので眺望はなかなかでした。
DSC01473.JPG

DSC01475.JPG

軽井沢の洋食屋でランチをいただいてから万座温泉へ向かいます。
DSC01479.JPG

道路に雪はありませんでしたが、万座に近づくと圧雪路に
一応スタッドレスタイヤですが年季が入っているのでグリップはイマイチ
坂道で止まりそうでヒヤヒヤしましたが、なんとか宿に到着できました。
この時点では雪はそんなに多く積もってはいませんでした。

万座の温泉は硫黄の匂いと濃い乳白色のお湯でとてもいいです。
忘年なのでお酒を沢山いただいて崩れるように寝て起きたら、外は猛吹雪で駐車場の車は雪に埋もれていました。
IMG_9903.JPG

雪かきして脱出しましたが、視界は最悪で路面は凍った圧雪路の上に雪が積もってるので滑りやすいパターン。
ゆっくり慎重に走りなんとか麓まで来れましたが、古いスタッドレスタイヤでは山に来てはいけないと改めて認識させられました。

帰り道のお昼ごはんを探していたら伊香保温泉にある美味しい蕎麦屋を見つけました。
磨かれた感じの美味しい蕎麦でしたが、柚子を練りこんだ変わり蕎麦も香りがよく、いい蕎麦屋です。
DSC01482.JPG

今年はあまり山に行けず、冬山にもどうも足が向かないですが、いい温泉に入ったからか温泉ありのユル系山歩きがしたくなりました。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

西高同窓会

思い返せば楽しくて充実した高校時代だった。
自分の人生の中で最も濃密だった時を一緒に過ごした仲間との絆は何物にも代え難く、卒業してからも遊び友達は当時の仲間ばかりだった。(今でもそうだけど)
卒業してから32年が経過し年齢は50を超え、心と時間に少しだけ余裕ができたからなのか、今まで会えていなかった仲間と会いたいという気持ちが強くなった。

昨年末に当時のクラスの担任と数名の友人と30年ぶりに再会する機会があり、極自然に同窓会やろうよ!ということになり、そのメンバーを中心に夏くらいから準備を始めた。

会場の予約、Facebookグループの立ち上げ、登録用webサイトの製作、昔の写真の収集とスライドショーの作成、当時の音楽を集めたBGMビデオの作成、当日のタイムテーブルと出し物の考案、当時を題材にしたクイズイベントの考案、昔の写真入りの名札の作成、先生方への招待状送付、連絡の取れないクラスメイトへの招待状送付、記念品ボールペンの製作、二次会の手配、母校訪問イベントの手配など、役割分担して、チャットで相談しながら準備を進めた。
出席者のリストが日々少しずつ増えていくのを見て楽しむのが日課になり、正直なところ準備の作業はとても楽しかった。

口コミだけだったが、ほぼ想定通りの80名の参加登録があり、ワクワクしながら当日を迎えることになった。

まず、宴会の前に母校訪問
与野駅前に集合したけど顔を見ても誰だかわからず、どうなることかと思ったが、皆んなで変わり果てた西校通りを歩いて母校へ向かった。個人的には毎日歩いているのでなんだか変な感じ。

30分ほど校内をうろつき、裏門の前にあった駄菓子屋のおばちゃんとの再会も果たし、記念撮影をしてから路線バスで会場となるさいたま新都心駅にあるレストランへ向かった。

宴会ではさらに多くの顔がわからない旧友たちとの再会があり、写真入りの名札が大活躍だった。
忘れてるから最初はよそよそしく会話をしているうちに、記憶が段々と蘇ってきて話が盛り上がってくるという不思議な感覚を体験した。
あっという間に2時間半の宴会はお開きに。
事前に予約していた二次会ではようやく落ち着いて楽しむことができた。
楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、物足りないので三次会で遅くまで飲んで解散となった。

それにしても、こんなにも記憶が劣化しているとは想像以上だった。
終わってしまうと寂しが残るが、今まで名前も顔も随分忘れていたが、今回出会ったことで沢山の友達を思い出すことができたこと、参加者それぞれが今後の繋がりを深めることに貢献できたこと、これまで一回も開催してなかったけど連絡手段が確保できたので次の開催につなげることができたこと、
それと一緒に幹事をやったクラスのメンバーと深く繋がりができたこと、など沢山の収穫がありました。
次回は3年後に開催ということで3組に皆さんよろしくお願いします。

IMG_9741.JPG

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

Pebble Smart Watch

最近apple watchを使う機会があり、スマートウォッチを始めて経験してわかったのは案外便利だとういうこと。
特に通知機能と心拍計。スマホは常に近くあるから別のデバイスで通知を受ける必要なんてないかと思っていたけど、腕がブルっときて時計を見るとそこに情報があるというのは予想以上に便利だとわかった。

山とか自転車に乗る時はSUUNTOのGPSウォッチを愛用していますが、胸に着ける心拍計測用のバンド(通称 乳バンド)は装着するのも外してから洗ったりするのも結構面倒なので、あまり利用しなくなっていました。ここ最近は腕で心拍が測れる技術が開発されてapple watchも採用しており、これはいいなと思っていました。

apple watchの欠点はバッテリーがあまりもたないことと、時間を見るときにディスプレイがOFFになっていることが時々あること、そして値段が高いこと。
バッテリーは頑張っても3日がいいとこで、実際には毎日充電するのが普通の使い方。
便利な機能の陰に、時計の本来の役割である時間を見るという機能がないがしろになっているのが少し残念、
機能やデザインは素晴らしいが、スマートウォッチという無ければ無いでも済むもに4万円を投資するのは勇気がいる。

そんな欠点を全てクリアするデバイスがPebbleである。
Kick Starterのファンドで開発されたこのスマートウォッチは昨年の秋に第2世代が発売される予定で、もともと7日間もつバッテリー、ディスプレイは電子ペーパーなので常に表示されおり、第2世代から心拍計もサポートされた。これでKick Starerの価格は$99から(実際の発売価格は$140ほどだったか)なのでとてもCPが高い。

昨年の夏に予約して11月の発売を楽しみに待っていたのに秋頃突然メールが来て、Pebble社がフィットネス系のスマートウォッチの大手であるFitbitに売却されることになってしまったことを知った。本当に残念なニュースでがっかりしてしまった。

他にいいデバイスが見つかるはずもなく途方に暮れ、一旦は購入は諦めたのだがどうしても収まりがつかず並行輸入品を購入しまいました。

パッケージもおしゃれです
IMG_7503.JPG

iPhoneとペアリング
IMG_7504.JPG

同期中
IMG_7505.JPG

これでPebbleはiPhoneの子機として利用できます。
でもPebbleは標準で日本語をサポートしていません。でも有志が作った日本語化パッケージが複数存在しており、第2世代の端末でも動作確認ができているパッケージをインストールします。
IMG_7506.PNG

文字化けしていたメール本文が見事日本語で表示されました。
IMG_7522.JPG

LINEのメッセージも表示されます
IMG_7523.JPG

メニュー画面
IMG_7511.JPG

アクティビティアプリ
IMG_7512.JPG

ミュージックアプリでiPhoneの音楽の曲送り、音量調整が可能
IMG_7520.JPG

ウォッチフェイスも大量にアップされており、これはスーパーマリオ風
IMG_7515.JPG

クールなデザインで心拍計と歩数計が表示できるもの
IMG_7516.JPG

CASIO G-SHOCK風
IMG_7517.JPG

シンプルなデザインで天気と気温が表示できるもの
IMG_7519.JPG

Pebble用のAppストアも存在しており、これはテニスの得点カウントと履歴が管理できるアプリ
IMG_7524.JPG

標準で付いている天気アプリ
IMG_7525.JPG


iPhoneのPebbleアプリではデバイスのコントロールが可能
これはアプリ一覧
IMG_7509.PNG

アプリには標準でヘルスケア機能が付いており、自動的にアクティビティと
IMG_7526.PNG

心拍数の履歴と
IMG_7527.PNG

睡眠時間の分析も
IMG_7528.PNG


遊び心のあるデザインがなんか昔のMacみたいでいい雰囲気です。
アプリ開発も自由にできるようで、個人のデベロッパーがすごい数のアプリをアップしており選ぶのが大変。
日本語化が完全ではないので、英語が苦手な人には少し厳しいかもしれませんが、Macも普通になってしまった今、なんかこのワクワクする感覚は懐かし感じで、いろいろいじって楽しむのが好きな人には本当にいい製品だと思います。
買収されてしまって今後のサポートがどうなるのか分からないのであまり人には勧められませんが。。。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

ニューヨーク

平成元年の2月に大学の卒業旅行でアメリカ4都市を周遊した際に訪れた以来、行ったことがなかったニューヨーク。仕事の用事ができて約4半世紀ぶり行けることとなりました。

日本からだと昼に着く飛行機しかないので、前日入りすることになり半日だけ時間が取れることとなり、マンハッタンはそんなに広くないので自転車を借りて効率よく散歩をしてみることにしました。

事前に調べたら「Citi bike」という便利なサービスがあり、日本でも最近は無人で乗り捨てできるレンタル自転車を自治体が運営していますが、区毎に別のサービスだったり基地の数も少なくて料金も時間単位なので1日中使うと結構なコストになってしまったりして残念なのですが、このCiti bikeは基地の数がとても多く、料金も使い放題のプランがあり、素晴らしいサービスになっています。
IMG_7157.JPG

IMG_7077.JPG


27年前のニューヨークは治安が非常によろしくない時期で、昼間でも地下鉄に乗るのに度胸が必要でしたが、このあたりの状況は見事に改善されており、地下鉄とバスを乗りこなせばそれなりに効率よく散歩できますが、街の雰囲気をゆっくり味わうには歩くのが一番、次に自転車だったりします。
宿泊したユニオンスクエア周辺(17番街)からだと、ダウンタウンまで3〜4kmくらいで、ミッドタウンまでも同じくらいです。
アッパーサイドまではちょっとこのバイクだと往復はキツイかもしれませんが、乗り捨てできるので帰りはサブウェイということも可能です。

また、最近の世界的な傾向としてありがたいことに自転車専用レーンもかなり整備されています。でも舗装はガタガタだし、レーンもかなり強引な作り方になっていたりします。
IMG_7078.JPG


早速、ユニオンスクエアにあるCiti bikeの基地で自転車を借りて、まずはダウンタウン方向に向かいました。
イーストビレッジと随分勢力拡大が進んだチャイナタウンを過ぎるとビジネス街の雰囲気になります。
IMG_7081.JPG


27年前も途中まで渡ったブルックリンブリッジも自転車専用レーンがあり助かりました。
人が多くてびっくり。昔はここまで観光地化されてませんでした。
IMG_7087.JPG


隣から見るマンハッタンブリッジも素敵です。
IMG_7094.JPG


27年前には展望ロビーに登ったワールドトレードセンターは記念公園として観光地になっています。
IMG_7097.JPG


隣に別物ですが巨大でピカピカなワンワールドのワールドトレードセンタービルがあり、展望ロビーに向かう人で行列ができていました。
多分マンハッタンで一番背が高いビルなんだと思います。
IMG_7098.JPG


ユニオンスクエアまで戻って、今度は北側のミッドタウンに向かって走ります。
寒さ対策で薄手のダウンとチャリ用グローブを持参してましたが、日が暮れてきてそれでは少し寒い状況となり、自転車をミッドタウンで乗り捨てました。

エンパイアステート ビルにするか、ロックフェラーセンターにするか迷いましたが、夕暮れのセントラルパークもいいかと思い、ロックフェラーの展望ロビーに登ることにしました。
しかし、チケットを買う際に登る時間帯が決められる仕組みになっており、最早で17時半と聞こえたので、チケットを購入。あとでチケットをよく見たら午後7時半と印刷されていました。現地の人の早口の英語にはなかなか慣れることができないです。
IMG_7104.JPG


2時間もあるので歩いてタイムズスクエアに行ったら、この日はハロウィンの夜であり、テレビの報道で観る渋谷のハロウィンみたいな雰囲気になっていました。
本場ですが渋谷の方が先を行っている気がしました。
IMG_7110.JPG


ふとタイムズスクエアの電飾看板に映る時刻を見たら既に午後7時を過ぎており、あれっと思いネット調べたら今年のアメリカのサマータイム開けは11月6日で自分の腕時計を1時間間違えてセットしていたことが判明。急いてロックフェラーセンターへ戻りました。

既に有名なスケートリンクの整備も始まっており、ハロウィンが終わると少しずつクリスマスの雰囲気に変わっていくのでしょうか。
IMG_7105.JPG


展望ロビーは3層構造になっており、上に行くほど狭くなりますが、開放感は高くなります。
残念ながら本当ならビル群と綺麗にコントラストを見せるセントラルパークが正面にどーんと見えるところですが、真っ暗で何も見えませんでした。
IMG_7117.JPG


ダウンタウン方面には目の間にそびえるエンパイア ステート ビルと周りのビルが織りなす夜景が圧巻でした。
エンパイア ステート ビルは8時になると凝ったライトアップで観る人を楽しませていました。
IMG_7122.JPG


遅くなってしまったので、ロックフェラーセンターの付近で探したビールとハンバーガーが楽しめる店で夕食をいただきました。

ニューヨークも日本に負けないくらいクラフトビールが人気のようで、ブルックリンの地ビールをいただきました。
IMG_7132.JPG


半日だけでも自転車のおかげでそれなりにいい散歩ができたと思います。

プライベートでニューヨークに来ることはあまり考えにくいので、もしかしたら最後のニューヨークなのかな、なんて考えなら景色を目に焼き付けました。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

キャンプ用テーブル製作

おそらく野外フェスからの流れだと思いますが、キャンプ場で若い人たちをよく見かけるようになりました。
自分が20代の頃にオートキャンプの大きなブームがあり、あちこちにたくさんのオートキャンプ場が出来ましたが、その後少し下火になったと思ったら最近またブームが来ているんだとか。

そして最近は皆さんお洒落でキャンプ道具にもこだわりを感じます。
レトロな雰囲気が人気なようで、テントやタープの生地がコットンだったり、チェアやテープブも木製を使ったり。
90年代のキャンプは機能性が重視されましたが、最近は雰囲気を重要視しているようです。

そんな影響も受けてお洒落な木製のローテーブルが欲しくなり、ネットで物色すると結構なお値段であることが判明。
これなんか本家本元のやつですが、家で使ってるテーブルよりも高いです。
blue ridge table.tiff

また、結構自作している人も多いようで、図面も多数公開されています。

意を決して自作することにしました。

熱が冷めないうちに近所のスーパービバホームへ出かけて素材を選びます。
なるべくノコギリを引きたくないので木材を見ながら出来上がりのイメージを含まらませます。

この赤松材の平べったい板を天板にして、
IMG_6775.JPG

この棒状の木材を天板のベースにすることに
IMG_6776.JPG


これを脚に使います。
IMG_6778.JPG

サイズを計算して工作室で全てカットしてもらいました。
これでほとんどノコギリが不要になります。

最初にサンドペーパーで木材の表面を整えます。
この作業が結構大変でした。部屋中が粉だらけになってしましましたが、表面がツルツルに仕上がりました。
IMG_6785.JPG

次に、ベースの木材に天板を丁寧に乗せて木工用ボンドで貼り付けます。
IMG_6786.JPG

初日の作業はここまで



乾いたらドリルで丁寧にネジ穴を開けてから、丁寧にネジを打っていきます。
IMG_6803.JPG

電動ドリルがあるとこの作業は極めて楽です。
IMG_6789.JPG

2つの天板を蝶番でつなげます。
IMG_6805.JPG

IMG_6804.JPG


蝶番の角度決めが難しくて、案の定折りたたむと若干のズレが。。。
まあ許容範囲です。
IMG_6806.JPG


次に脚を作ります。
脚の両端を大きく面取りする必要があります。この作業はノミとカッターナイフでやりました。比較的柔らかい木材で助かりましたが、結構大変な作業でした。
IMG_6807.JPG


天板のベースに脚を取り付けます。
脚を折りたためるようにするために、ベースの木材を貫通する穴を開けてボルトで固定しました。穴あけは曲がらないようにかなり慎重にやりましたが、何本かの穴が真っ直ぐになっておらず、あとで脚を取り付けた時にがっかりしましたが、これも許容範囲と割り切りました。
IMG_6808.JPG

IMG_6812.JPG


脚の角度を決めます。
水平器を使って慎重に角度を決めて、木材の半端材使って脚を止めることにしました、
IMG_6813.JPG


これでほぼ完成です。
IMG_6814.JPG


リビングに置いてみましたが、かなりいい線いっており、ついニヤニヤしてしまいました。
IMG_6815.JPG


白木の木目がとてもいい感じだったので、そのまま使えおうと思えば使えなくもないですが、汚れや水濡れも心配なので、クリアな塗料を塗ることに。ニスは手間がかかるようなので、アウトドアにも対応した水性のステイン剤を買ってきてベランダで塗装作業。
IMG_6817.JPG

案外綺麗に仕上がりました
IMG_6818.JPG


今年の夏の終わりから秋にかけては週末の天気が悪く、雨で外出できずにいらいらするところでしたが、テーブル製作はいい時間つぶしになりました。

早く天気がいい日にキャンプで使用したくてたまりません。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

SUP 2回目

海の日の3連休最終日
前日の碓氷峠ヒルクライムの疲れを癒すべく再び逗子でSUPしてきました。

IMG_6447.JPG


前日に続いて35度を超える猛暑日。いつもの湘南新宿ラインで逗子までワープします。
いつもチャリを持参しているので、チャリが無ければ電車の移動が楽なことに改めて気付き、上質なフォールディングバイクが欲しくなったりしてしまいます。

逗子駅から逗子海岸にあるSUPのお店まで歩く道は海水浴に向かう人が多数。アクセスが良くて人気のメジャーな海水浴場だからか子連れのファミリーや若いカップルがとくに目につきました。

SUPのお店で着替えて待っていたら偶然会社の先輩に遭遇し、あまりの偶然に驚きました。
先輩は昨年の秋から始めてハマってしまったようで、近々マイボードを買うんだとか。少し羨ましいです。

2回目なので経験者のグループで海に入ります。前回の後半ではだいぶ漕げるようになってきたので楽観視していましたが、この日は風が強いのとジェットスキーがたくさんで海が荒れており、なかなかボードをうまくコントロールできず苦戦を強いられました。海は環境が良い日の方が少ないでしょうから、これでは全然ダメだと自覚しました。

終了後は逗子海岸の海の家でランチすることに。
始めてきた海水浴シーズンの逗子海岸はおしゃれな海の家に埋め尽くされており、海の家の店員さんも今風の格好良い若者ばかり。客層も然り。
大手資本の手掛けるものもあれば、地元の飲食店の出店のようなものもあり、選ぶのに一苦労です。
SUPのお店の提携店を利用してビールをタダでいただきました😃
料理はま〜海の家なので仕方がないかという感じでした😖

まだ時間は早めですが、午後も申し込んでいる友人とここで別れて帰宅。
まだ2回目ですが、体型的にSUPはあまり向いていないのかなあ。。。

最高の天気
IMG_6445.JPG

会社の先輩と
IMG_6446.JPG

auのイベントブースで
IMG_6424.JPG

終わった後のビール最高でした。
IMG_6426.JPG


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

DeLonghi ピザストーン

美味しいピザを焼くにはやっぱり石窯にかないません。
家のオーブンでは上火しかないので生地がサックリとクリスピーには焼けないし、耳の部分がプックリと膨らむピザは見た目にも美味しそうです。
<イメージ画像>
20090313pizza01.jpg

こんなポータブルな石窯もありますが、流石にマンションのベランダではちょっと厳しいかも。
81qYpj0Z6jL._SL1500_.jpg


たまたまamazonで見つけた「DeLonghi ピザストーン」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000XRFZ8W
価格も安いので衝動買いしてしまいました。

納品されました。素焼きの板なので結構重いです。ちょうど家庭用オーブンのトレイにすっぽり収まるサイズです。
IMG_6219.JPG


早速ピザを焼いてみます。
300度で30分余熱してからクッキングシートの上にピザを載せます。
IMG_6224.JPG


完成
石窯みたいに耳が膨らみませんが、生地がサクサクです。
IMG_6226.JPG


特に違うのは具の下の部分。上火ではどう考えてもうまく焼けるはずがないです。
やっぱり石窯にはかないませんが、家で普段使うには結構いいかもしれません。

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

パソコンを買い替え

久しぶりにパソコンを新調

IMG_6084.JPG


2006年に自宅のパソコンをiMacに変えてから我が家には多数のapple製品が氾濫することになりましたが、その元祖Apple製品であるiMacがそろそろエンド・オブ・ライフを迎えつつあります。

買った当時はMacがPowerPCとおさらばしてIntelのチップに乗り換えた頃でした。もっさりしたWindowsのマシンからの移行だったので、Core2Duoパワーに圧倒され、起動時間の早さに度肝を抜かれ、デザインも格好いいのでリビングルームに置いて家族で共用できるマシンとして活躍しました。

CIMG4354.JPG


当時はOSXが出始めの頃でMacが今ほど市民権は得ておらず、WinからMacへ変えることは大きな冒険でしたが、身の回りの友人にMac派が多く、あまり迷いはありませんでした。
それまでのMacのようにフリーズすることはほとんどなくなっていましたし、奇抜な外観もさることながら、現在のOSXの最新バージョンでも大きく変わっていないことからもわかるようにUIも洗練されていました。
変えてみてその良さに魅了されました。そして思いました。なんでもっと早くMacに変えなかったんだろうと。
当時友人から言われたことをことを今でも覚えています。Winがどこでも便利にかけるボールペンだとすれば、Macは手にして愛着がわく万年筆のようだと。

10年が経過し、最大限まで積み増しても足りないメモリーのせいで処理がもたつくようになり、気がつけばスマホやタブレットで事足りるのでパソコンに向かうことも殆んどなくなり、買い替えるモチベーションも殆んどありませんでしたが、ついにOSサポートが終了してアップグレードもできず、致命的なのはiTunesが更新されなくなり、最新のiTunesではiPhone6の同期が不能となってしまいました。

iPhoneの同期のために10万円の投資はありえないので、最近多少はUIが洗練されてきたWinの安い台湾製のマシンでも買うかなどいろいろ考えましたが、息子が大学生になった時に買い与えたMac book airの使い心地がよくて程度の良い中古でも7〜8万円で買えるのこともわかっていたので、思い切って購入してしまいました。

家での使用がメインなので13インチを選択。タブレットでストレージにデータを貯めない生活に慣れていたので、128GBで十分と思っていましたが、昼休みで中古屋で出会ったマシンに一目惚れして、即決してしまいました。

13インチのBTOモデルでCPUはCorei7、ストレージは256GBにアップグレードされており、キーボードはおしゃれなUS英字仕様。3年近く前のモデルですがバッテリーもまだ元気です。
スペックは贅沢すぎますが、お値段は予算の範囲内でした。
液晶のムラと細かな傷のせいでディスカウントされていたようです。

大切なデータは外付けHDに保存しているのでパソコンのデータ移行は殆んど行う必要がなく、息子のマシンで操作は慣れていたので、あまりにスムーズな移行となりました。

唯一慣れないのがUS配列のキーボード。
日本語切り替えボタンがないので、コマンド+スペースキーでIMEを切り替えます。
句読点の「 。」はピリオドキーは指が覚えてますが、困るのがリターンキーの位置。
このようにリターンキーが小さくで位置が低いので右手の小指がミスタイプしまくります。

IMG_6075.JPG

しかし何より凄い便利なのが最新OSのEl Captainから採用された日本語IMEの「ライブ変換」。
かなで文字を打ち続けると、その場でどんどん変換してくれるのがとても気持ちがいい。
キーボードを打つのが楽しくて、Blogの更新もサボらなくなりそうです ^ ^

posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

お花見 2016

昨年を思い起こすと、まともにお花見をした記憶も記録もなかったのですが、今年は機会に恵まれて3週間にわたり色々と楽しむことが出来ました。
IMG_6011.JPG


先ずは友人宅の近くの公園で
IMG_5967.JPG

IMG_5971.JPG


穴場なので周りを気にすることなくノンビリと花見で宴会を楽しみました
ちょっと寒い日だったので早めに友人宅に転がり込んでの2次回は夜遅くまで盛り上がりました。



2回目は自宅の近くの空地で
我が家の犬はここ最近体調が芳しくなく、お散歩どころかほぼ寝たきりに近い状態だったのですが、歯の治療をしたら見違えるように元気になり、家の中もチャカチャカと歩き回るようになりました(涙)
この日は気候も穏やかだったので急遽家の近くの桜が観れる空地へ連れ出してランチを楽しみました。
芝川沿いの菜の花も見事な咲きっぷりでした
IMG_5981.JPG

IMG_5988.JPG

IMG_5996.JPG



3回目は桜の名所である権現堂桜堤で
埼玉県内では有数の花見スポットなのですが、いまいち交通の便が良くなくて訪れたことがなかった幸手の権現堂桜堤にチャリで出掛けてみました。
さすがに桜は半分以上散ってましたが、菜の花と桜吹雪の組み合わせもなかなかでした。
IMG_6004.JPG


途中の利根川CRの菜の花も満開でした
IMG_6016.JPG


ランチをいただいた道の駅さかいには、チャリダーを意識した休憩スペースがありました。エアストリームを改造した屋台で豪華なホットドッグをいただきました。
IMG_6023.JPG

IMG_6027.JPG


ここまで家から50kmほどなので頑張ればチャリダーで帰れますが、向かい風だったのと、ちょっと脚が痛くなつてきたのでJR宇都宮線の栗橋駅から輪行で帰宅。
IMG_6031.JPG

IMG_6033.JPG


今年の春は桜を思いっきり堪能しました。


IMG_6032.PNG


posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

湘南ポタリング

膝痛がなかなか良くならないのでバイクは暫くご無沙汰でしたが湘南までリハビリポタリングしてきました

続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

巾着田

タイミングよく満開の曼珠沙華が咲く入間の巾着田行くことになり、久々に真面目に写真撮りました



続きを読む
posted by hiro_yaji at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

謹賀新年

2011年を振り返ってみれば変化が多い1年でした。。。

IMG_1173.JPG


続きを読む
posted by hiro_yaji at 13:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

今年もグリーンカーテン

今年も育てることにしました。

写真 4.JPG


続きを読む
posted by hiro_yaji at 14:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

テニス&お花見

最高の花見日和になりました。

sakura.jpg

続きを読む
posted by hiro_yaji at 20:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

Facebook

ゲーム用掲示板に成り下がっていたFacebookをソシアルに使ってみようかと思ってリストラ作業をしてみた。
ブログに書くほどではないが140文字以上のコミュニケーションツールとして使えるようにと、

でも、途中であきらめた。(420文字の制限があるとは知らなかった)

はっきりいって使いにくい。
Facebookが日本でブレイクしないのはUIと構造の解りくさだと思う(特にPC)

いちいちググらないと操作できない。

例えば
・ニュースフィードのハイライトと最新情報の意味が分かりくい

・イイねしたFacebookページ(ファンページ)の管理が分かりにくい

・共有したアプリの管理(削除)が分かりにくい

・Topページが自分のウォールじゃなくてニュースフィードなのは何故?ウォールがベースになっている構造だと思うのだが、

・自分のウォールをみたいけど何処を押せばいいのかわかりにくい。(実際はTopの自分のアイコンを押すとでてくる。)

・ゲーム関連は外したけどまだニュースフィードが記事で溢れている。Twitterのリストみたいなものを想像して友達リストっていうのがあるから作ってみたけど表示をわけることはできない。(セキュリティ管理だけ)

・右側の広告がウザくなってきた。

ちゃんと構造を理解して使っている人がどれほどいるのだろうか?

まだMixiのほうがいいんじゃない?(足あとがウザイけど)

なんか愚痴っぽくなってしまった。
posted by hiro_yaji at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2010年を振り返る

今日は2010年の元旦。

テレビもつまんないし、のんびりも飽きてきたので、
昨年の振り返りと今年のやることなどを整理してみようかと思う。

hiuchigatake.jpg


続きを読む
posted by hiro_yaji at 13:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

あさがお

いまさらですが、ベランダの朝顔が咲きました

IMG_0799.JPG

続きを読む
posted by hiro_yaji at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

スローなブギにしてくれ

スローなブギにしてくれ

image-20101017224523.png

たぶん二十数年ぶりに映画「スローなブギにしてくれ」を観た。

続きを読む
posted by hiro_yaji at 22:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする